YouTubeのスパム削除で5万人登録者が減ったYouTuberに疑惑の目

2018年12月17日に「YouTubeがスパムアカウントを一斉削除、1万人以上登録者が減ったチャンネルも。」という記事で、YouTubeのスパム対策をご紹介しましたが、ここで取り上げた以上に登録が減ったチャンネルがありました。

前回の記事で扱ったのは30分ごとに登録者データを集計している登録者45万人以上のチャンネルのみ対象にしましたので漏れていました。
 

登録者数が大きく減ったチャンネル

ピンククラッカーズ

12月14日 217,723
12月15日 167,824
4万9889人(22.9%)減少

みるくぱんち

12月14日 427,991
12月15日 393,338
3万4653人(8.1%)減少

Chiitan 妖精ちぃたん

12月14日 284,441
12月15日 252,712
3万1729人(11.2%)減少

前回の記事で最も登録者が減ったと紹介した「せんももあいしー」で1万7240人(-0.33%)でした。「せんももあいしー」は登録者数500万人以上なので、それと比べると、上の3チャンネルが非常に大きな影響を受けていることがわかります。


「ピンククラッカーズ」は20%以上の大幅な減少。
登録者数推移を見てみると、2018年9月に急増した登録者数ぶんを、今回のスパム削除で一気に失っていることが分かります。

 

「たっくー」に紹介され、コメント欄に視聴者が殺到

12月17日「たっくーTVれいでぃお」(56万人)が「ピンククラッカーズ」と「みるくぱんち」の登録者数急減を紹介。

 
「たっくー」が紹介したことにより、登録者の増やし方に疑惑の目を向ける視聴者が2組の動画に殺到したようで、コメント欄に登録者について質問する声が多数書き込まれています。
 

みるくぱんちは元々神谷えりなのチャンネル

「みるくぱんち」は元々「神谷えりなYouTubeチャンネル」という名前でした。
「神谷えりな」はアイドルグループ仮面女子に所属していたタレントで、2017年に体を張った動画で登録者が急増していました。
(関連記事「女性アイドルがアキラ100%の裸芸に挑戦 注目度急上昇」)

その後「神谷えりな」は、仮面女子から脱退。2018年11月にチャンネル名が現在の「みるくぱんち」に改名されています。

 

みるくぱんちは元々神谷えりなのチャンネル

2018年7月にTwitterで実施された仕様変更時、「神谷えりな」は45万人もフォロワーを減らしており、「仮面女子」の他のメンバーも大きくフォロワーが減ったと報道されています。

仮面女子の神谷えりなの減少数が最も多く、前日の116.5万人から約45万人減り、38%ものフォロワーを失っている。仮面女子ではグループの公式アカウントや他の一部のメンバーでも大きくフォロワーが減少した。
BIGLOBEニュース

 

疑惑の目を向けざるを得ない

「みるくぱんち」以上に登録者を減らした「ピンククラッカーズ」も、仮面女子のメンバーで構成されるチャンネル。
TwitterでもYouTubeでも「仮面女子」関係のチャンネルが突出して登録者を大幅に減らしていることから、普通ではない登録者の増やし方をしているのではないかと疑惑の目を向けざるを得ません。
 

関連リンク

ピンククラッカーズ(YouTubeランキング)
みるくぱんち(YouTubeランキング)
Chiitan 妖精ちぃたん(YouTubeランキング)
たっくーTVれいでぃお(YouTubeランキング)

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.04.17~

もっと見る