ラファエルは出演中止。
大晦日の『RIZIN』でシバターのセコンド役

2020年12月24日深夜、「ラファエル」(登録者数179万人)がツイッターとインスタグラムで「お詫びとご報告」と題する文章を投稿。
大晦日の『RIZIN』への出演がなくなったと発表しました。

大晦日『RIZIN』に出場するシバター

大晦日に開催される格闘技イベント『RIZIN.26』に、「シバター」(登録者数111万人)の出場が明かされ、ツイッターのトレンド入りするなど、大きな話題となりました。
(関連記事「シバター、大晦日の『RIZIN』に出場決定。ヒカル・ラファエル・てんちむがセコンドに」)

シバターは、「炎上軍」のメンバーである「ヒカル」(登録者数426万人)とラファエル、先日来の炎上で注目されている「てんちむ」(登録者数160万人)にセコンド役を打診。
渋々ながら了承を取り付け、シバターとともに、3人が花道を歩くことになっていました。

ラファエルの出演中止

ラファエルによると、「確認、調整不足があり出演はなくなりました」とのこと。
RIZINを現地で毎回観戦していたというラファエルですが、シバターが出演を打診した際、今年はもともと見に行く予定はないとも話していました。
出演はなくなったものの、ラファエルは「シバターさんとは変わらず良好な関係です」とコメントしています。

視聴者からは

炎上軍楽しみにしてたけど、しょうがないですね

と残念がる声が上がっています。
ラファエルは11月末に子供の誕生を報告していることから、不要不急の外出を避けて家庭を優先したのでは?と想像する声もあります。
(関連記事「ラファエル、ジュニア誕生により2年間の育児休暇を発表 2代目ラファエル オーディション本格開催」)

また、ラファエルが出演をやめたことで、ヒカルとてんちむの出演を不安視する声も上がっています。

シバターは「ヒカル君とてんちむちゃんは出ます」

25日朝、シバターはインスタグラムを更新。

あと、RIZINの入場、色々あってラファさんが出なくなりました。ヒカル君とてんちむちゃんは出ます。

と、ラファエルの出演中止を報告するとともに、ヒカルとてんちむは出演するとコメントしました。

また、今回の件は「すっごい簡潔に言うと、皇治のせいです。」とキックボクサーの「皇治」(登録者数25万人)の名を挙げると、

これは試合前にするか後にするか分かりませんが動画で必ず言います。
皇治はエンターテイナーとしてもファイターとしても資質に欠ける男です。はっきり言います。ニセモノです。

と批判しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

シバター(@jtshibata)がシェアした投稿

シバター戦は有料配信

さらに午後にもインスタグラムを更新。
投稿によると、シバターの試合はテレビの生放送はされず有料配信となるようです。

#RIZINにこれ拡散しろって言われた
#本当は生放送枠だったのに
#蓋開けて見りゃPPV要因

 

この投稿をInstagramで見る

 

シバター(@jtshibata)がシェアした投稿

単にコロナで規制がかかっただけ?

(12月26日追記)
格闘家・弁護士で、朝倉未来とも親しい「堀鉄平」(登録者数6.6万人)は、

シバターのセコンドにラファエルさんが出なくなったのは、コロナ人数制限でセコンド2人までだからでしょ笑

と、ラファエルの出演中止は新型コロナによる規制のためだとツイート。
皇治とのやり取りも“プロレス”との考えを示しています。