はじめしゃちょー、1200万円かけて新居を近未来風にリフォーム。
「ホントにこれ俺んち?」と笑いが止まらず

2020年12月24日、「はじめしゃちょー」(登録者905万人)が「新居を1200万円使って改造してもろたwwwwwwww」を公開しました。

部屋のコーディネートをプロに依頼

11月に東京へ引っ越したはじめしゃちょー。まだ広い部屋にはほとんど家具がなく、がらんとしている様子です。
(関連記事「はじめしゃちょー、東京の新居を公開。「お部屋史上一番広い」「過去最高額」」)

今回は新居に家具を揃えるという企画ですが、「どうせだったら“家具のセンスのある方”に」ひとつひとつ決めてもらいたいといい、インテリアコーディネーターの「辻千春」さんに、部屋をトータルコーディネートしてもらうことに。
辻さんも「はじめしゃちょーのお好みに合うよう頑張ります!」と意気込みます。

YouTube

 

1000万の予算で近未来風に

まず、辻さんは「どんなお部屋にしたいか」をヒアリング。
こだわりがないはじめしゃちょーが返答に困るのを見て、辻さんは「この部屋で何がしたいか」など具体的に聞き出します。
辻さんの上手な引き出し方で、はじめしゃちょー自身もどういう部屋にしたいか徐々に分かってきたもよう。

YouTube

はじめしゃちょーが決めた部屋のテーマは「近未来」。テーマが決まれば、要望も次々と浮かぶようで、どんどん辻さんに伝えていきます。

最後に、辻さんははじめしゃちょーに予算を尋ねますが、相場を知らないはじめしゃちょーは逆質問。

はじめ)一般的にはどれくらいなんですか?
辻)このグレードのマンションの方の金額を言うと、全部のお部屋だと…
正直…「1000万くらいか」という方が多いです。

さすがのはじめしゃちょーもこの金額には驚きますが、最終的に予算を1000万と決定。
大規模なリフォームが始まりました。

「ホントにこれ俺んち?」

新居のリフォームには1カ月を要したそう。

1か月かかってインテリア家具とかを集めてもらって、運び込みに1週間かかってるんで、僕は1週間この部屋に入れなかったわけなんですけども。

と、しばらくの間はじめしゃちょーが別の場所で暮らしていると動画で報告していた理由を説明しました。
最終的なリフォームの金額は「(予算を)ちょっと超えて」1200万円となったそうですが、その出来栄えにはじめしゃちょーは感動。
「ホントにこれ俺んち?」と笑いが止まらない様子です。

YouTube

はじめしゃちょーは1人で一通り部屋を確認したあと、コーディネーターの辻さんにこだわりのポイントを解説してもらうことに。はじめしゃちょーの喜ぶ姿を見て、辻さんの表情にも笑みがこぼれます。

はじめしゃちょーは自分への最高のクリスマスプレゼントを受け取ることとなりました。

YouTube

 

はじめしゃちょーの成功ぶりに称賛の声

この動画は25日15時現在110万回再生され、YouTube急上昇動画にランクイン。

コメント欄には

住所特定されて家の外で叫ばれたとしても声届かなそうなところに住んでそうだ(笑)過去の動画も見るとレオパレスに住んでたのにこんな家に住めるように夢があるなぁ、、、

なんか、結果がどうこうよりこういう経験ができるのがめっちゃ羨ましい。僕はこのコーディネート好きです。

と、はじめしゃちょーの成功ぶりを称賛する声が寄せられています。