レペゼン地球・DJ社長の新たな夢は
「海外での大麻販売」?

2020年12月26日、福岡・PayPayドームでの単独ライブをもって解散した「レペゼン地球」(登録者数250万人)。

DJ社長が予告していたとおり、すでにチャンネルの全ての動画は非公開となっており、ストリーミングサービスでの配信も終了。ファンからは解散を惜しむ声が寄せられています。
(関連記事「本日、レペゼン地球が解散ライブを開催。 ストリーミングサービスでは既に楽曲の配信停止も」)

背中全面のタトゥーが話題に

そんなレペゼン地球が、解散前日に公開した79枚目のシングル「REP」のMV(現在は非公開)で披露したタトゥーが話題となっています。

YouTube

MVにはメンバーの上半身裸の姿が写っており、DJ社長を除き、背中には全面にビッシリとタトゥーが。
曲の中には「入れ墨だらけの体」との歌詞もあり、入れ墨を彫るシーンも写されていました。

さらに、海外で大麻を吸引していると見られるシーンもあり、ラスト曲ということも相まって、何かしら吹っ切れたものを感じさせます。

YouTube

タトゥーは“カリスマ彫師”の手によるもの

タトゥーは“カリスマ彫師”と知られる美漸氏が手がけたとみられ、本人のインスタグラムやツイッターではレペゼン地球のタトゥー写真が公開されています。

新たな夢は大麻の販売?

SNSではこのタトゥーに、「カッコイイと思う」「かっこよ」といった肯定意見や、「バカがあのタトゥー真似しだしそう」「将来のメリットあんまないっしょ」といった否定的な意見など、賛否両論となっています。

タトゥーといえば、歴史的な経緯もあって、日本社会ではネガティブなイメージが強い存在。これをあえてオープンにしたのは、DJ社長の新たな「夢」と関係しているかもしれません。

先月、グループの解散を宣言した際、DJ社長は新たな「デカい夢」を見つけたと語りました。
(関連記事「DJ社長が明かしたレペゼン地球の解散理由。熱いメッセージに感動の声」)

26日の解散ライブでは、世界一を目指すと宣言したものの、具体的には語られることはありませんでしたが、「コレコレ」(登録者数126万人)は、これが「海外での大麻の販売」だと証言しています。

12月26日に実施した生配信で、コレコレは

海外で大麻販売するんだって。
これガチで本人言ってた。
なんか「やりたい夢があるんですよ」とか言って。(中略)
「僕ら、海外で、大麻売るんですよ。僕ら」つってた。
ホントかどうかは知らんけど(YouTube

と語っています。
コレコレはDJ社長から直接聞いたとしている上、「REP」のMVには、大麻を吸引しているとみられるシーンもあることから、信憑性のない話でもないかもしれません。

1月1日には、DJ社長本人から新たな夢が発表される見込み。
果たしてDJ社長の口から何が発表されるのでしょうか。

YouTube

Candy Foxx始動

(1月1日追記)
大麻販売の情報はフェイクだったようです。
1月1日、レペゼン地球の曲チャンネルが「Studio Candy Foxx」に改称され、1stシングルのMV「GOSHI GOSHI」が投稿されました。
(関連記事「レペゼン地球が「Candy Foxx」始動。DJ社長は『和』で世界一狙う?」)