“シバター劇場”開幕か。
ラファエル出演辞退の理由にされた皇治、低評価7割で炎上【RIZIN】

2020年12月26日、「シバター」(登録者数111万人)が「RIZINに出ない事になりました」を公開しました。

 

シバターのセコンド役の予定だったラファエル、出演中止

12月24日、大晦日に開催される総合格闘技イベント『RIZIN.26』に「シバター」(登録者数111万人)の出場が決定、またセコンド役として「ヒカル」(登録者数426万人)、「ラファエル」(同179万人)、「てんちむ」(同160万人)が出演することが発表されました。
(関連記事:「シバター、大晦日の『RIZIN』に出場決定。ヒカル・ラファエル・てんちむがセコンドに」)

しかし24日深夜、ラファエルがツイッターとインスタグラムを更新。
「確認、調整不足があり(RIZINへの)出演はなくなりました」と発表しました。
(関連記事:ラファエルは出演中止。大晦日の『RIZIN』でシバターのセコンド役

ラファエルの出演中止は皇治のせい? シバターガチ切れ

シバターは26日の動画で、ラファエルが出演中止になった理由は

ズバリですね。生放送枠じゃなくなったからです

と話します。さらに

僕シバター、本当はですよ?本当は、皇治と戦う予定でした
(中略)
だけども、皇治が土壇場で逃げました

と衝撃の事実を発表しています。

シバターの対戦相手はこれまで明らかにされていませんでしたが、その対戦相手がなんと有名キックボクサーの「皇治」(登録者数25万人)だったというのです。

シバターによると、皇治がシバターとの対戦を拒否したことで、シバターの対戦が生放送枠から録画枠に移動し、それに怒ったラファエルが出演を辞退した、という流れだといいます。

いつもの“シバター劇場”か?

しかし、シバターの主張はいつもの茶番ではないかという声もあがっています。
朝倉未来」(登録者数163万人)のセコンドを務めてきた、元総合格闘家で弁護士の「堀鉄平」(同6.6万人)は、ツイッターで

シバターのセコンドにラファエルさんが出なくなったのは、コロナ人数制限でセコンド2人までだからでしょ笑

とコメントしています。

 

次ページ:皇治「わけわからん事言うなて」

1 2