ヒカルのテレビ初密着番組
YouTubeは同接19万人、Twitterトレンド1位・2位独占

2021年1月11日(月・祝)21時~、「ヒカル」(登録者数429万人)に初密着した番組『職業カリスマ 〜YouTuberヒカルの光と影〜』が TOKYO MXにて放送されました。
(関連記事「1/11 21時〜ヒカルにテレビ初密着 番組はヒカルのチャンネルでもリアルタイムで配信」)

ヒカルのチャンネルでも生配信。配信前から約10万人が待機

ヒカルは、テレビ番組と同じ内容をリアルタイムで自身のチャンネルでもプレミア配信。
ヒカルのチャンネルには、番組開始前から約10万人の視聴者が待機していました。

番組は、前半は動画の撮影風景や、自身のアパレルブランド『ReZARD』での活動に密着。
後半はヒカルの地元の思い出の場所を訪れ、活動初期の動画を彩った人物の発言を交えながら、ヒカルの“生き様”を特集しました。

テレビのCM放送中は、番組のスポンサーについた「ロコンド」(同10万人)とのコラボ商品の宣伝に加え、「てんちむ」(同161万人)や「宮迫博之」(同129万人)、「シバター」(同117万人)など、縁のあるYouTuberが友情出演。
どのYouTuberもヒカルに熱いメッセージを送っており、ヒカルの人望や人柄が窺えます。

中でも宮迫は、ヒカルから「本当に僕がどうなろうが、一生関わっていくし、絶対僕助けますから」との言葉をもらったといい、自身も「何があってもヒカルを助ける」、「可愛い息子」と、年の差を超えた友情を明かしています。

同時視聴者数は19万人超えを記録。「#職業カリスマ」がトレンド1位を獲得

プレミア公開された動画は、番組終了時点で最多同時視聴者数約19万3000人を記録。

YouTube

さらにツイッターでは、「#職業カリスマ」「#ヒカル密着」がトレンド入り
番組の終盤では、トレンド1位、2位を独占しました。

Twitter

カリスマを演出した結果、本物のカリスマになった

番組の終盤ではタイトルにもなっている「カリスマ」像に迫ります。ヒカルは、

僕が僕のことを好きじゃなくなった瞬間にカリスマ引退なんで。職業カリスマってそこでやめます。
漫画に出てくるキャラだったら、俺は間違いなくYouTubeの中でダントツで映えてると思ってて。(中略)
自分を魅了し続ける存在なのかなって思います。

と“ヒカル節”で自身を評します。

ヒカルの兄・まえすは「カラット数がわかんないダイヤモンド」、「遊楽舎」(登録者数51万人)の店長は「カリスマを演出した結果、本物のカリスマになったタイプの人間」と評し、

最初は偽物だったと思います。カリスマって言ってるだけの。でも、その偽物が自分は本物になれると信じ続けた結果、そのための努力とか、いろいろなアイデアを出して、それを実行していって、本物になった男。

と語っています。

ヒカルがこれからも“カリスマYouTuber”として、YouTube界を盛り上げること間違いないでしょう。