フィッシャーズが恒例の「100分間鬼ごっこ」公開。
今回のゲストは3人

2021年1月11日、「フィッシャーズ」(登録者数655万人)が「【100分間】たくさんの動けるYouTuberたちvsシルクロードで本気の鬼ごっこした結果!?【心霊】」を公開しました。

恒例となったお正月の100分間鬼ごっこ

YouTuberや芸能人などの豪華メンバーを集めて開催される「100分間鬼ごっこ」は、今回で3回目。
過去2回の動画は3000万再生、2000万再生と、フィッシャーズを代表する人気企画となっています。
(関連記事「フィッシャーズ、100分間鬼ごっこの開催を発表。江頭2:50、マホトなど今年も豪華&異色の顔ぶれ」)

スペシャルゲストは「ゾンビ」「青鬼」「ぴえん」

今回の舞台は廃工場。鬼役はいつもどおりフィッシャーズが担当します。

運動神経抜群のシルクロードは100分間走り続け、次々とYouTuber達を確保していきます。
体重120キロの巨漢・ンダホが「ねお」(登録者数99万人)を捕まえるなど、他メンバーの活躍もあり、残り40分の段階で残りは15人→わずか5人に。

さらに残り4人になった段階で、「スペシャルモンスター」が投入されます。
100分間鬼ごっこといえば、第1回はシルクロードの実兄、第2回は元NEWSの山下智久と、秘密のゲストも話題のひとつですが、今回のゲストは「ゾンビ」「青鬼」「ぴえん」という被り物3人。

YouTube

絵面は豪華ながら、被り物のせいでほとんど前が見えないようで、鬼役としての動きは当然イマイチ。

それでもゾンビが「江頭2:50」(登録者数228万人)を確保するという活躍も。
捕まった江頭は「あいつ速かったなぁ!」と驚きを見せていました。

逃げ役で最後まで残ったのは、格闘家の「那須川天心」(同57万人)。
圧倒的な脚力を見せつけ、シリーズ初となる逃げ切りまであと2分に迫りましたが、ゾンビとシルクロードに挟まれ、あえなく確保されてしまいました。

豪華ゲストに盛り上がるYouTuberたち

終了後には3人のゲストの正体が判明。

江頭が速さに驚いていたゾンビは、オリンピックメダリストの「エリック・ワイナイナ」。
いいところがなかったぴえんは、ボクシング元世界チャンピオンの「内藤大助」(登録者数1100人)。青鬼は「ハリウッドザコシショウ」(同17万人)でした。

豪華なゲストに、参加したYouTuberたちも歓声を上げて驚いていました。

YouTube(内藤大助と那須川天心のスパーリングも)