エンリケに謎の脅迫状。
精神的苦痛で5億円要求される

2021年1月12日、「エンリケ」(登録者数31万人)が、「人生で初めて脅迫状が届きました…ガチで怖いので警察行きます」を投稿。
脅迫状が届いたことを明かしました。

エンリケに脅迫状が届く

エンリケこと小川えりは、名古屋の老舗高級キャバクラ「アールズカフェ」の元No.1キャバ嬢で、現在は実業家・YouTuberとして活動しています。

先日、エンリケの元勤務先の「アールズカフェ」に

刑事告訴の件
小川えりさんにこの手紙をお渡し下さい

と書かれた封筒が届いたそう。
エンリケがアールズカフェを辞めたのは2019年11月で、エンリケは全く身に覚えがないようです。

封筒には手紙とビラ「10日以内に5億円お振込み下さい」「詐欺師女です」

エンリケが封筒を開封すると、中には手紙とビラが。手紙には、

以前、私の息子が店外であなたにお金を騙し取られました。
息子が精神的ダメージをかなり受けており
示談するなら下記口座に10日以内に5億円
お振込み下さい。

と、5億円を要求する文章が書かれています。被害者の親だとする人物が送り主のようです。

親としては徹底的にやりますので、お振込みなかった場合、同封したビラを何万人何十万人に配ります。

といった脅し文句も書かれていました。

YouTube

さらにビラには、デカデカと「詐欺師女です」と書かれていました。

YouTube

開示請求を行うと宣言

エンリケは、この突拍子もない脅迫に呆れつつ、

もうこれは恐喝じゃなくて脅迫?
逆に警察行こうかな私。

といい、開示請求をすると宣言。
視聴者には、もしビラが配られても「信じないでほしい」と呼びかけています。

昨年の誹謗中傷への開示請求は「許した」

エンリケは昨年4月にも、視聴者からの誹謗中傷に対し、開示請求をおこなうと宣言していました。
(関連記事「キャバ嬢YouTuberエンリケ、誹謗中傷に対し開示請求を行うと宣言」)

あれから9カ月経ち、そちらの進捗も説明。

相手がちゃんと謝ってきたから許した。あのときの開示請求は。
コロナで裁判が遅くなったから進められない。

相手が本気で謝ってきたらいいかな。
本当は許しちゃいけないことだけど許したくなる自分もいる

視聴者とは和解に至ったようです。

「迷わず警察に相談、通報して下さいね!」

コメント欄では、

タチの悪いイタズラです!!!迷わず警察に相談、通報して下さいね!!!→弁護士さんにも

あんまり頭良い脅迫じゃないから、口座名がご本人の可能性あるよね。

馬鹿な親ですね😂速攻警察行って、脅迫、恐喝で訴えて〜❗️

と、エンリケを応援する声や心配する声が集まっています。