kimonoちゃん、ツイッター凍結される。
コレコレに次ぐ虚偽通報か

配信者の「kimonoちゃん」(登録者数20万人)のツイッターアカウントが凍結されました。

kimonoちゃん、ツイッター凍結

1月15日、kimonoちゃんは新しいツイッターアカウントを更新し、

と、メインアカウントが凍結されたことを報告。
以前のアカウントには、約5万7000人のフォロワーがいました。

Twitter

コレコレと同様虚偽通報か?

コレコレ」(登録者数127万人)も、13日にツイッターのメインアカウントを凍結されており、その理由を「著作権侵害してないのに著作権侵害してるみたいな感じの通報を受けてる」「イタズラで」と話しています。
(関連記事:コレコレ、Twitterアカウントを凍結される

kimonoちゃんは

コレコレさんと同じ方法で凍結されました。
全て虚偽通報によるものです。

と、コレコレと同じく「虚偽通報」による凍結だとコメントしています。
なお、コレコレは15日までに凍結が解除されています。

凍結は、DMCA(アメリカのデジタルミレニアム著作権法)侵害の申請が理由とみられます。ユーチュラ編集部で調べたところ、1月13~14日にかけて複数の申請があったことが確認できました。
DMCAは、

申請があった場合ひとまず対処し、異議申し立てがあれば改めて精査する、という仕組みになっている
(Techcrunch「悪用されたDMCAとは? 凍結されていた『艦これ』公式Twitterが復活」)

ため、申請が虚偽であっても凍結処分がくだされるケースがあります。また、虚偽の申請をした場合は、偽計業務妨害罪または威力業務妨害罪となる可能性もあります。