画像の違法ダウンロードに刑事罰!
著作権法改正を専門家が解説

先日「漫画編集者が『漫画海賊版サイト』を閲覧していたのではないか?」というニュースが報道され、物議を醸しています。
(参考:Yahoo!ニュース

ニュースの内容の真偽はわかりませんが、漫画家やアニメクリエイターの保護が叫ばれている昨今、著作権について理解を深めておくことは重要です。

今回は2021年1月にスタートした改正著作権法の重要な点について、わかりやすく解説していきたいと思います。

個人的に楽しむ目的であっても違法

違法にアップロードされている画像であることを認識しながら、その画像をダウンロードすることは許されなくなります。
昨年までは、違法にアップロードされた「音楽」や「映像」をダウンロードする行為は禁止されていましたが、「画像」はこれに含まれていませんでした。
画像のダウンロード行為まで処罰の対象とすると、規制範囲が拡大し過ぎてしまうのではないかという懸念があったためというのが理由のひとつと言われています。

しかし、数年前に「漫画村」のような海賊版サイトが登場し、漫画家や出版社に多大な損害をもたらしてしまいました。
ユーザーに罰則がないため、運営サイトを取り締まったとしても実質的な解決にはならなかったのです。

このような事情を考慮し、著作権法が改正され、違法にアップロードされた画像であることを知りながら、これをダウンロードするユーザーも処罰の対象とすることにしました。
つまり、著作権者から民事責任を追及(損害賠償請求や差止請求など)されるリスクがあるということです。

これは、純粋に個人的に楽しむためであっても違法になります。注意しましょう。

 

例外的に違法にならない場合

ただし、違法画像と知りつつダウンロードする行為が許される場合があります。
たとえば、次のような場合です。

・違法画像が少ししか映り込んでいない場合
・数十ページの漫画のうち、1コマ〜数コマを利用する場合
・二次的著作物・パロディ作品を利用する場合
・その他、作者の利益を不当に害しないような特別な場合
(※例外的に許されるかどうかは具体的状況を個別的に判断することになります)

すなわち、漫画家や写真家など著作権者の受忍限度を超えたといえない場合は、例外的に許されることになります。

節度を保って、適切に利用することを心掛けましょう。

悪質な場合は刑事罰も

さらに、違法画像のダウンロードする行為が悪質な態様である場合、民事責任だけでなく、刑事責任(刑事罰)も負うことになります。

具体的には

①作品が有償で販売されている物であり、
②その作品がネット上に違法にアップロードされていることを知りつつ、
③繰り返しダウンロードする行為を、
④著作権者が刑事告訴した場合

です。

この場合の罰則としては、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金またはその両方、ということになっています。決して軽い罪とはいえません。

インターネットの著しい変化に追いつこうと、著作権法は改正が頻繁に繰り返されています。
YouTubeを視聴する人も発信する人も、最新の情報を得られるようアンテナを張っていただきたいと考えています。