登録者100万人挑戦中のラファオワ、絶望的状況で最後にひと花咲かせる

2018年12月31日までに登録者100万人を達成できなければチャンネルを削除すると宣言している「ラファオワ」。
(関連記事「水溜りボンドの「ラファオワ」1ヶ月で76万人登録しないとチャンネル削除」)

現在の登録者数は31万7350人(12月27日13:43現在)で、残り4日で必要な登録者数は約68万人と達成が絶望的な状況となっています。

登録者数の推移を見ると、活動再開を宣言した2018年4月と12月に伸びているものの、現在はほとんど伸びていません。
 

去り際に一花咲かせたラファオワ

「ラファオワ」は12月25日の動画で、映像の企画に300万円をかけたと告白。

「儚いもので、輝いて見える」
「人間ってやっぱ死ぬから輝いて見えると思うんだよ」

と、削除を前提としたように思える言葉を発言し、

「残り1週間ぐらい、そこでブチ込むことを決めた」

と、去り際に一花咲かせることを宣言しました。
 

ミュージックビデオを公開

翌日12月26日に「【MV】Be Free / ラファオワ」というミュージックビデオを公開。

 
300万円かけたと発言していただけあって、クオリティが非常に高いMVです。
現在公開中の映画で、伝説のバンド、クイーンのフレディ・マーキュリーの生き様を描いた「ボヘミアン・ラプソディ」へのオマージュとも感じられる内容となっています。

映像は「12月31日(月)チャンネル削除」というテロップが表示して終わります。

チャンネル削除となれば、この映像も当然消える運命にありますが、絶望的な状況の中でも、目標を下げたり延期したりすることなく潔く去る姿勢のようです。

動画のコメント欄では、

僕のようなアラフォー中年の心すらも揺さぶり動かす彼らは本当に素晴らしい。
彼らの頑張りや貴方達の団結を見ていると、中年だからと言い訳してくたびれてる場合じゃないなと身が引き締まります。

ラファオワ様の名言と勢いにはいつもジーンとくるものがあります。
そしてこれだけ視聴者と、いや、信者という名の家族と1つになったチャンネルなんて他に無いんじゃないでしょうか😢
更新はしなくてもいいので削除はしてほしくないです、残して欲しい😭

など、削除を惜しむ声が多数寄せられています。