ワタナベマホトのチャンネルがBANされる

ワタナベマホト」(登録者数72万人)のチャンネルがBAN(アカウント停止)されたもようです。

マホトのメインチャンネルがBAN

1月27日8:00現在、マホトのチャンネルにアクセスすると

YouTube のコミュニティ ガイドラインに違反していたため、このアカウントを停止しました。

と表示され、全動画が閲覧できない状態となっています。

YouTube

過去のメインチャンネルは閲覧可能

BANされた「マホトMAHOTO」は、マホトが謹慎処分から復帰するにあたって新たに立ち上げたチャンネルで、2020年3月開設。

それまでメインチャンネルだった「ワタナベマホト」(登録者数237万人)、2016年までメインチャンネルだった「MAHOTO」(同166万人)は、現在も閲覧可能です。

15歳少女にワイセツ画像要求

マホトは1月20日に元欅坂46の今泉佑唯との結婚が報道されましたが、その翌日、15歳の少女にワイセツ画像を要求していたことが暴露されました。
22日には所属事務所のUUUMが、マホトが概ね内容を認めたとして契約解除を発表しています。

関連記事
ワタナベマホトが元欅坂46・今泉佑唯と結婚。今泉は妊娠5カ月
結婚発表のマホトに衝撃暴露。15歳女子高生にワイセツ写真要求か
UUUM、ワタナベマホトとの契約解除を発表

アメリカでは児童ポルノ法違反でBANの例も

2019年、少女に性的な動画の送信を強要したとして、アメリカのYouTuber「オースティン・ジョーンズ」が児童ポルノ法違反で有罪となった際、YouTubeはチャンネルをBANしました。

当時YouTubeの広報担当者は、THE VERGEの取材に

私たちはYouTubeの安全性と性的違法行為の申し立てを非常に深刻に受け止めています
THE VERGE

とし、調査の結果によってはチャンネルの停止措置を取る場合があると回答しています。

今回のマホトのBANの理由は不明ですが、ワイセツ写真の要求が理由であった場合は、YouTube活動継続はかなり難しいことになると考えられます。

関連記事
児童ポルノ法違反で逮捕された米YouTuberに、禁固10年の判決
アメリカなら禁錮10年? PDRさん、マホトを痛烈批判
THE VERGE「YouTube removes channel after creator pleads guilty to coercing young fans into sending sexual content」

メンバーシップで少女とやり取りをしていたためか

(追記)
マホトの行為が暴露された21日の「コレコレ」(登録者数131万人)の配信では、マホトが当初、被害少女とやり取りをする際、YouTubeのメンバーシップ機能(会員機能)を使用していたと説明されています。
今回のBANは、これが原因の可能性も考えられます。

YouTube