ヒカルと花村想太のユニット「UPSTART」が
avexからメジャーデビュー

ヒカル」(登録者430万人)がダンス&ボーカルグループ「Da-iCE」(同13万人)メンバー・花村想太とユニットを組み、「UPSTART」(同2.9万人)としてavexからメジャーデビューすると発表しました。

楽屋で意気投合し「一緒に曲を作ろう」

きっかけは昨年9月、ヒカルが『a-nation』に出演し、花村と共演したことでした。

花村は放送中、楽屋でヒカルと会った際に「一緒に曲を作ろう」という話が持ち上がったと告白。
「大人の事情で、もしかしたら無しになる可能性も…」と話す花村に対し、「ちょっとavex動いてほしいっすね」と強気なヒカル。
怪盗ピンキー」(登録者122万人)との音楽ユニット「カルxピン」としての活動をやめたヒカルにとって、花村と意気投合したことはまたとないチャンスだったよう。
収録後、2人は楽屋で「よろしくお願いします!」と固く握手を交わし、プロジェクトの実現に熱意を燃やしました。

YouTube

「日本初の試み」プロとYouTuberがユニットを組む

2021年1月26日、ヒカルは「avexからメジャーデビューが決まりました」を公開しました。

YouTuberがプロのアーティストとコラボし、大手レーベル会社からメジャーデビューするのは「日本初の試みだと思う」と息巻くヒカル。
ヒカルは花村と2人でavexへ打ち合わせに行ったときの様子を写します。

1月に入り、緊急事態宣言が発せられたことを受け、オンライン主体でのプロモーションをおこなっていくと話すavex。
その1つが「LINE MUSICでの再生回数キャンペーン」。UPSTARTのデビューシングル「才能」を「たくさん聴いていただいた方に何かインセンティブがあるように」、ユーザーの再生回数に応じて特典を設けるとのこと。なんと上位3名はヒカル・花村とオンラインでミーティングができるそうです。

2つ目は、「才能」のカラオケバージョンの無料配布。ユーザーには“歌ってみた”動画をYouTubeに投稿してもらい、「最もバズったアカウント」の持ち主はヒカルのチャンネル上で同時に歌える権利を与えられるそうです。

このavexの提案をヒカルは承諾しつつ、

1位になった人を、avex全面バックアップでリリースまで持っていく、みたいな。

と逆提案。さらにはその人に賞金として100万円を自腹で出資し、活動を支えていきたいとまで話しました。

 

次ページは「加速するヒカルの提案」

1 2