音声版SNS「Clubhouse」がYouTuberの間でもブームに

今話題の音声版SNS「Clubhouse(クラブハウス)」のブームが、YouTuber界隈でもやってきたようです。

音声版SNS、クラブハウス

クラブハウスというSNSがここ数日で急激な盛り上がりを見せています。

Clubhouse

クラブハウスとは、音声でコミュニケーションするSNSです。
“音声版ツイッター”とも呼ばれています。
現在はiOSアプリにのみ対応しており、AndroidやMacでは使うことができません。

クラブハウスでは、誰もが自由にルームを作成して、さまざまな人たちと音声で会話することができます。
また、誰かがルームで雑談しているのを、友人他人問わず自由に聞きに行くことも可能。
話している人に指名されたり、挙手ボタンを押して承認されれば、聞いている人が会話に参加することもできます。

そして、クラブハウス最大の特徴が、招待制であること。
クラブハウスをすでに始めている人から招待を受けなければ、クラブハウスを始めることはできません。

さらに、1人あたり招待できるのは2人まで
その希少性から、ツイッターではクラブハウスの招待を受けたいというユーザーの声が相次いでいます。
一時期は、フリマアプリ「メルカリ」でクラブハウスの招待コードが高値で売買されていました(現在は運営によって規制済)。

YouTuberの間でもブームに

招待枠を求める人々が止まない中、現在では多くのYouTuberがクラブハウスを開始し、会話を楽しんでいる様子です。
東海オンエア」(登録者数571万人)のりょうは、すでに1600人のフォロワーがいるようです。

クラブハウスを始めたことを確認できたYouTuberは他にも、
・「釣りよかでしょう。」きむ(登録者数157万人)
・「マックスむらい」(同148万人)
・「関根りさ」(同141万人)
・「PDRさん」(同120万人)
・「JJコンビ」ジロー(同26万人)
・「えびすじゃっぷ」森山(登録者数非公開)
などが確認できています。

話題沸騰中のクラブハウス。
新たなプラットフォームとして定着するのか、一時的なブームで終わるのか。
今後の動向に注目です。