チョコスモのジョンレノが暴力事件の真相を初告白

2018年12月29日「ヒカル」(登録者数286万人)が「ラファエル」(212万人)と共演、「チョコレートスモーカーズ炎上と解散の真実、ジョンレノが全てを話します」という動画を公開。
チョコレートスモーカーズ」(43万人)のリーダー「ジョンレノ」をゲストに迎え、炎上の真相と今後についてのアドバイス

 

チョコスモはメンバーへの暴行・イジメ疑惑で炎上

2017年に「チョコレートスモーカーズ」が炎上のきっかけは、リーダーである「ジョンレノ」が当時16歳の「ヨハン」(まみこ)に対して暴力行為があったというもの。
グループのメンバーの「ヨハン」が脱退した理由が「ジョンレノ」からのいじめ・暴行ではないかという疑惑が浮上。
「マホト」の動画でその事実が暴露され、炎上状態に。2017年11月に「ジョンレノ」は暴行の事実を認めて脱退しました。
その後、「ジョンレノ」は復帰したり、違うグループで活動したり、視聴者がついていけないほど状況が二転三転し、結局「オワコン」状態に陥ってしまっています。「ヨハン」の方は「まみこ部」(17万人)というチャンネルでソロ活動をしています。

 

ジョンレノの沈黙がオワコンの一因?

「ヒカル」「ラファエル」と共演した「ジョンレノ」は、2人から真相を語るよう促されると、自分の主観での見解にすぎないことや、自分以外の当事者に迷惑がかかることを気にして、難色を示します。

「ラファエル」は、当時「ジョンレノ」が謝罪はしたものの、詳細を語らなかったことについて、

「全部言ったほうがよかったかもしれないっすね」
「世論が盛り上がって叩きたい方叩いて終わっちゃった」
「(1年経っており、この件について)どうでもいいっていう視聴者がほとんどなんで」

と当時の対応のまずさがオワコンの状況の一因だと指摘、1年経ったから視聴者も冷静に受け止めてくれるはずだとアドバイスします。

「ヒカル」は、復活したいなら

「たとえ誰かを傷つけようが、迷惑かけようがそんなん気にしとったらあかん」
「その次元じゃないわけよな」

「自分の感情とか、こいつとはもうやりたくないとか、そういうしょうもないプライドを持つなってことやねん」
「厳しい世界やからこそ、大人になろうよってことやで」

と「ジョンレノ」に迫ります。

 

暴行のキッカケは痴話喧嘩

「ジョンレノ」は、当時交際していた彼女が「ヨハン(まみこ)」と二人で食事に行ったことが原因だと告白。
「ジョンレノ」が接待で会食に行った際、彼女にお金を渡して、家で待っているように伝えていたのに、彼女が「ヨハン」と一緒に食事に行った。
それが当時は許せず、暴力行為に至ったそうです。

「ヒカル」は

「今、ぱって聞いたらどうでもいいような、クソみたいな話というかね、痴話喧嘩っていうかなんか」

と一蹴。

 

チョコスモの企画は100%ヤラセ、イジメは誤解

イジメについては「ヨハン」のブランディングのための行為が、視聴者にイジメとして誤解されてしまったと説明しました。
「ヨハン」は4人のメンバーの中で最年少で、華がなかったのを補うため、毎週ドッキリ企画などを実施。
「チョコレートスモーカーズ」は100%ヤラセで、それが伝わっていた視聴者には良かったものの、そうではない視聴者には、その他の要素と重なってどんどん状況が悪くなっていったとのこと。
 

時給800円のバイトが成金になって調子に乗ってしまった

収益の分配率が「コレコレ」のチャンネルで暴露されたことも追い打ちになったと話し、「コレコレ」が明かしたとおり収益の分配率は「ジョンレノ」が80%で、「アレックス」が10%、「ケビン」7%、「ヨハン」が3%だったと認めました。

「ジョンレノ」は当時稼いだお金は残っておらず、逆に1000万円の借金があると告白。
二人から当時の収入を尋ねられた「ジョンレノ」は、収益が得られるようになった2017年5月~炎上した11月まで得た収益が、企業案件も含めて2700万円だと明かしました。
収益の80%は自分に入るものの、その中から動画の経費を負担する必要があり、特に会食費はすべて自分が払い、大盤振る舞いしていたそう。
「ジョンレノ」は

「数ヶ月前までバイトして、時給800円ぐらいでバイトしてた(中略)僕がもう、大金をもらって調子のっちゃって」

と成金状態だったと認めました。

 

ヒカル、ジョンレノに迫る

「ヒカル」は「ジョンレノ」が、お金の管理も人の管理もできないことがわかったにも関わらず、今もグループで活動する理由がわからないと質問。

「いまだによく分からへん仲間ごっこやっとって、」
「1回失敗しとる訳やんか?」

と、一般企業なら経費縮小する状況なのに、グループで活動するのは

「そこまでシビアに考えてない」

と厳しく指摘。さらに

「仲良くみんなで楽しくやれたらそれでOKなんか、それとも返り咲きたいんかどっちなんかって思う」

と迫ります。

「ジョンレノ」は腹を固めたようで、

「自分がここまで下がっちゃうと、もう誰も幸せにできないし」
「まず自分が生活だったりとか、自分の活動とか自分の見られ方っていうのも、いったん自分個人だけでも取り戻していかないと。家族に対しても仲間に対しても、ほんとに迷惑かけてばっかっていうのは、今に気づけたんですよね。
だからそこは、今はなりました。」

 

ヒカル「チョコスモを復活させるべき」

「ヒカル」は

「じゃあバイオレット(ジョンレノが現在在籍するグループ)は解散すべきやで絶対」
「自分に実力もない。そういう状況で誰かを幸せにしようとか、それって逆に人を不幸にしとるだけやからさ」
「ほんまの意味でそれは優しさではないから絶対に」
「普通の社会人の人は、(中略)みんな汗水流して働いて、それで月30とか40(万円)とかの世界なんやで?」

一般社会からは、ありえないことをしているのに、考え方が甘すぎると指摘。

「ジョンレノ」は、個人チャンネル(登録者数1.3万人)で登録者10万人を目指したいと発言しましたが、「ヒカル」は登録者数にこだわるべきではなく、

「ほんまに『ジョンレノ』が本気でYouTubeやっとんやっていう姿をまず見せへんことには話にならんから」
「がむしゃらに今自分が面白いと思うコンテンツをちゃんと出すっていう、それが一番大事かな」

とアドバイスしました。

動画を公開する場所は、個人チャンネルではなく、現在休止状態の「チョコレートスモーカーズ」のチャンネルを使うほうがいいのではないかと議論が発展。
「ヒカル」と「ラファエル」は「チョコレートスモーカーズ」自体も復活したほうが良いと提案しました。

 

チョコスモはジョンレノの個人チャンネルとして1月1日から活動開始

「ジョンレノ」はこの動画と同日に「チョコレートスモーカーズ」のチャンネルで「チャンネル名が変わります。」という動画を公開。

「ヒカル」と「ラファエル」から提案のあった「チョコスモ」の復活ではなく、チャンネルは「ジョンレノ」の個人チャンネルに変更すると宣言しました。

動画のコメント欄で「ジョンレノ」は以下のようにコメントしています。

僕が炎上してから1年が経ちました。
以後も数々の失敗や挫折を繰り返し、仲間や家族、ファンの方々にも心配や迷惑をかけてばかりの日々でした。今までの人生もそうでした。YouTubeという場所で初めて他人から認められ、それも一瞬の出来事でした。皆様がご存知の通り、僕は他のYouTuberさんのように大した人間ではありません。そんな僕でも輝きを与えてくれたこの場所で、最後にやらせてください。チョコレートスモーカーズのメンバーのみんな、ヒカルさん、ラファエルさん、その他今まで関わってくださったYouTuberや関係者の方々、そして今まで応援してくださったファンの皆様、全ての方の思いを背負って、2019年、最後にこのチャンネルの活動で恩返しさせてください。僕なりに楽しく、皆様に笑顔を与えられる動画を作っていきます。来年1月1日の動画まで待っててください。良いお年を。
岩崎智樹(ジョンレノ)より

動画は33万回再生され、低評価率は23%。(12月30日 20:40現在)。
コメント欄では「ヒカル」の動画をキッカケに見に来たというコメントが多く寄せられており、現在のところ好意的に受け止められているようです。