新型コロナ感染のたむちん父、重症化から重篤化へ。
「親孝行も何もできてないやん」と涙

多村家の日常」(登録者39万人)の「たむちん」(同8630人)が、父「銀次郎」(同7.4万人)の容態の変化について報告しました。

1月にコロナ感染

過激路線で知られるたむちんに勝るとも劣らない破天荒ぶりで人気を集めていた銀次郎は、新型コロナウイルスに感染。
1月中旬にたむちんは、呼吸器のおかげで「ギリ呼吸ができてる感じ」など、銀次郎の容態がかなり悪いことを明かしていました。
(関連記事「YouTuberたむちんの父、新型コロナに感染し重症化。「何としても助けてほしい」」)

重篤化し「半々やと、確率は」

1月31日、たむちんは「今までありがとうございました。」を公開しました。

たむちんはまず「親父が重症化から、重篤化になりました」と発表。

昨日のお昼、朝くらいに病院から電話が来まして、非常に危ない状態で意識を失っている、と。
いまこの重篤化になって、なかなか生還できた方が少ないと。
で、まあハッキリ聞いたら、まあ半々やと、確率は。っていうふうに、病院の先生から言われました。

望みは薄いものの、父の生還を信じるしか術がないたむちん。
「とりあえずは命だけでも助かるやろなあ」と状況を甘く見ていたこともあって、「鼻折られた気分ですね」とコメントしました。

「親孝行も何もできてないやん」と涙

序盤は落ち着いて話していたたむちんも、次第に感情がこみ上げてきたのか、声を震わせ、目には涙。

こんな別れ方なんや、みたいな。
マジで何もできてないな、っていう、親孝行も何もできてないやん、と思って。

YouTube

後日、父と同じ容態の視聴者と対話した動画を公開するといい、動画を終えました。

「今当たり前に目の前にいる人を本当に大切にしてください。」

コメント欄には

たむちん、諦めたらダメだよ。
銀次郎さんだってこんな終わり方良くないと思ってるはずだから、必ず帰ってくると思う。
俺たちにできることは少ないけど、出来る限りのことはするから。諦めたらダメだよ。

まだ、亡くなったわけじゃないんで、
あとは祈りましょう…..

と、たむちんを激励するコメントが多く寄せられています。

2月2日、たむちんはツイッターを更新。
父の容態について「まだ確定ではないですが…」としつつ、「今当たり前に目の前にいる人を本当に大切にしてください。」とフォロワーに訴えています。

(2月6日追記)
たむちんがツイッターを更新し、「山は乗り越えて熱も安定」と報告しました。