ネクステ加入のみきおだ・みっき~、ヒカルへの恩義語る
「僕のターニングポイントを作ってくれた方」

2月8日、「みきおだ」(登録者数98万人)の「みきお」(同22万人)が、「ヒカル」(同431万人)のNextStageに加入した理由を語りました。
(関連記事「ヒカルのNextStageに「みきおだ」みっき~らが加入」)

吉と出るのか凶と出るのかわかんない

みっき~は2016年に「ONE-SHOT」というグループでYouTube活動を開始しました。
2018年にグループを解散。ソロ活動を経て、2019年以降は「おだけい」とともに「みきおだ」として活動しています。

今回の動画でみっき~は、最近YouTube界には解散や引退などの悲しいニュースが多いと話します。
そんな中、既存のグループの中にYouTuberが加わるのは、「新しい」ことであり「すごくいいな」と思ったそう。
「吉と出るのか凶と出るのかわかんない」ものの、新しいことへの挑戦は「すごく好きだし、やめちゃいけないなと思うし」と語りました。

ヒカルは「ターニングポイントを作ってくれた方」

ヒカルと同じく兵庫県出身のみっき~は、グループYouTuberだった頃、ヒカルに活動の悩み相談に乗ってもらったことがあったそうで、

考え方とか、あぁこんなに中途半端な形ではYouTubeではやっていけないなって

と、大きな刺激を受けた様子。

その日がなければ、みきおだは結成されてないんですね

といい、ヒカルを「僕のターニングポイントを作ってくれた方」と語りました。

みっき~は、そんなヒカルから「力が必要やって言って頂けるのは、めちゃくちゃ僕にとっては嬉しいこと」だとし、「やる以上は、自分の力を存分に出させていただいて」と意気込みも見せます。

編集や進行など多くを担当しているみきおだのチャンネルとは異なり、ヒカルのチャンネルでは演者として出演するため、自身でも「普段見れない顔が見れる」と話します。

みきおだの活動は、これまで通り続けていくとのこと。
NextStage加入により「僕を見れる機会が増える」とファンには説明しています。

後半では、ONE-SHOTのメンバーでもあった「ゆうや」(登録者数2.6万人)が上京し、スタッフに加わることも発表されています。