シバターは、目の前で女性が強盗に襲われたら助けるのか
朝倉未来がドッキリで検証

YouTube界のヒール役・「シバター」(登録者数120万人)は、目の前で女性が強盗に襲われていたら助けるのでしょうか?
2021年2月16日、「朝倉未来」(同172万人)が動画で検証しました。

話題となった朝倉未来の“通り魔ドッキリ”

2月6日に朝倉のチャンネルで公開され、大きな話題となった「目の前で人が襲われていたら助けるのか検証してみた」。
日頃から「通り魔の場面に出くわしたら一目散に駆け寄って必ず助ける」と話している朝倉に“通り魔ドッキリ”を仕掛けるという内容です。

朝倉は、レプリカのナイフを持った凄腕スタントマンに本気で向かっていき、無事女性を助けることに成功。
動画はYouTube急上昇ランキング1位を獲得、現時点での再生数は290万回を突破、高評価数も9万にのぼり、大きな話題となりました。

今回朝倉は、この“通り魔ドッキリ”を“物申す系”YouTuberシバターに仕掛けます。
レスラーでもあるシバターは、昨年末開催された格闘技イベント『RIZIN』でキックボクサーの「HIROYA」(登録者数10万人)に勝利。
以後は「RIZIN無敗」を豪語、さまざまな格闘家を挑発しています。

果たしてシバターは目の前で人が襲われていたら助けるのでしょうか。

一目散に逃げたシバター

朝倉は、昼ご飯でも食べに行こうとシバターを外に連れ出し、ドッキリの実行場所に誘導。
財布を忘れたとウソをつき、シバターを1人きりにさせたところで“通り魔ドッキリ”がスタートします。

シバターの目の前で、フルフェイスをつけた“通り魔”役の男が女性を後ろから襲いはじめました。
突然の出来事にシバターは驚きながらも、男に近づき、止めようとします。

すると男は女性を離し、標的をシバターに変更。レプリカのナイフを突き付けます。
その瞬間、シバターは男に背を向け、一目散に走り出しました。

YouTube

ある程度男と距離をとった後、シバターは振り返って「見たことある!」と叫びます。
カメラマンに隠し撮りされていることに気付き、ドッキリ終了。
シバターは目の前で人が襲われていても助けることができませんでした。

「十分勇敢」との声

シバターは一目散に逃げたことを朝倉達に追求されると「バックステップで距離をとっただけだから」と言い訳。
ナイフを突き付けられたことについて

マジでビビる。あの瞬間戦慄するから!死ぬかもってなるから

と話しました。

コメント欄では

最初女性助けようとしてたし刃物見た瞬間即離脱しようとしたし十分勇敢

※これでも普通よりよっぽど勇敢です。朝倉未来が強すぎるだけです。

シバター女の子逃げてるの確認してる状況で、ナイフ持ってる相手に全速力の逃げ。完璧すぎる、さすがライジン無敗。

と、一時は女性を助けようとしたシバターに好感を持つ視聴者のコメントが多く寄せられています。