炎上のてんちむ擁護で物議。
ロコンド社長がツイート&動画削除

ファッション通販サイト「LOCONDO(ロコンド)」の田中裕輔社長が、ネット配信者「コレコレ」(登録者数134万人)にツイートを無断で使用されたとして不快感を示しています。

PR案件でまたもトラブル、てんちむ謝罪

今月上旬、脱毛サロンのPRをめぐって物議を醸していた「てんちむ」(登録者数163万人)。
脱毛サロンは「9ヶ月0円」と謳っていたものの、実際には期間中の利用料が後払いになるだけだった上、その説明も「ほぼ判読不可能なほどの極小文字で解像度も低くしてある」といった点から、景品表示法違反の疑いが指摘されており、コレコレも生配信内でこの件について言及していました。

その後てんちむは、自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画を通じて、投稿自体には違法性はないものの「誤解を招いてもおかしくない表現」だったとして謝罪。
今後は徹底した事前確認をするとしたほか、資格取得を通じて自らも知識を得ていくと約束していますが、昨年の『モテフィット』騒動も決着しないうちに起きた新たなトラブルということもあり、視聴者からの疑問の声も相次いでいます。

関連記事
てんちむ宣伝の脱毛サロンに景品表示法違反の疑い コレコレ生配信で釈明も批判殺到
てんちむ、脱毛サロンPRの炎上で釈明 「誤解を招いてもおかしくない表現」だった

ツイートの無断使用?物議

一連の騒動におけるてんちむの行動について、コレコレは16日深夜におこなった生配信の中で「視聴者をそこまで大事に思ってない」「(過去の炎上を)反省してないんじゃないかって思っちゃうよね」と厳しく批判。
ネット上で上がっている「てんちむだけが批判されるのはおかしい」とする意見に対しても、

人気なYouTuberがそういうことしたらそこに集中砲火するやん。
まあただ、もちろん大元があるわけやから。その企業の方もちゃんとしたほうが良いよねって話。

とのスタンスを明らかにしていました。

YouTube

このときコレコレは、ファッション通販サイト「LOCONDO(ロコンド)」の社長である田中裕輔のツイートを引用していましたが、これに対して田中社長は

コレコレさんのサブチャンで僕のツイートが無断使用されてるの?
コレコレさんは面白い配信者さんと思ってたから残念ですね
事前に言ってくれればいいのに

とツイート。
このツイートの無断使用を咎めるような発言については、コレコレも「鍵垢にしたらいいのに。そんなに見られたくないのであれば」「器が小さすぎませんか?いくら何でも」と反応したほか、田中社長のツイッターアカウントについて「テレビ番組の画像のスクショみたいなのツイートしてますけど、これは許可取ってるんです?ロコンドさん?」と逆に無断使用を咎める発言もおこなっています。

これを受け、田中社長のツイートには400件以上のリプライが寄せられました。

なおてんちむは、今回の騒動にあたりロコンドの田中社長について「ロコンド社長に怒られるまで明確に気づけませんでした」「何よりロコンド社長の田中さん、気づかせてくれてありがとうございました」と、SNS上で何度も名前を出しながら感謝を述べており、コレコレは「そんなに可愛がってるてんちむさんが僕に暴露されるのが嫌なんですか?」といぶかしむ発言もしています。

その後も反論続ける田中社長

この翌日、田中社長は「ロコンドチャンネル」(登録者数10万人)にて動画「昨日の某配信に関して」を公開し、ツイートを使われて「不快だった」と発言。
コレコレの名前は出さなかったものの、多くの誹謗中傷が寄せられたことに恐怖を感じたと発言。
てんちむに批判が集中することへの違和感を述べ、昨年5月に亡くなった木村花さんの話も交えつつ誹謗中傷についての持論を語っていましたが、再生回数約1万回時点での低評価率は42.7%(高評価834、低評価622)となっていました。
(関連記事「テラスハウス出演の木村花選手が死去」)

ところが動画の投稿からわずか数時間後、田中社長はこれを非公開にすると、ツイッターで

企業や代理店でなくてんちむばかり何度も批判されるのは苦しかったしそういう内容の配信内でどういう形であれ自身のツイートが引用されるのも嫌でしたので昨日のツイートと先程動画をあげましたが結果的に火に油を注ぎ、沢山の皆さまへ迷惑が掛かるリスクも踏まえ、削除しました

これからも精進します

と投稿。
その直後、今度はこの「削除しました」投稿自体も削除しており、視聴者からは困惑と共に、

炎上インフルエンサーを使い
炎上インフルエンサーを擁護し
炎上インフルエンサーに喧嘩を売る上場企業ロコンド

田中社長の動画、とにかくてんちむを守りたいのがよく伝わりました。

といった声が寄せられています。