TKO木下、宮迫博之とYouTube初コラボ。
初めて高評価が低評価を上回る

宮迫博之」(登録者135万人)と「TKO木下」(同2.3万人)がコラボ動画を公開。
木下のチャンネルの動画で、初めて高評価数が低評価数を上回りました。

アンチは“チャリン”

2021年2月17日、宮迫が「もう2度と木下にペットボトルさせないためにコラボします」を公開しました。

後輩へのパワハラや金銭トラブルが報じられていた木下は、2020年3月に松竹芸能を退所し、4月にYouTubeデビューを果たしました。
同年1月にYouTubeデビューしていた宮迫は、初期から木下とコラボする話を進めていたようですが、「カジサック」(登録者221万人)が木下とのコラボで炎上するのを見て「やめました!」とのこと。
ほとぼりが冷めたので2人のコラボが成立したと、宮迫は告白しています。
(関連記事「カジサック、炎上するTKO木下かばって飛び火」)

騒動のマイナスイメージにより、今まで動画で高評価数が低評価数を上回ったことがない木下。
藤本敏史」(同16万人)とのコラボでは、一時的に高評価数が上回るも、ネットニュースに取り上げられたことで結局、低評価数が上回る事態になったのだとか。
(関連記事「フジモンが見せた男気に絶賛の声。TKO木下、初めて高評価が低評価を上回る」)

闇営業騒動で炎上を経験した宮迫は「俺もいまだにアンチすごいねん」と、木下の話に共感。
動画の内容に関係なくアンチコメントを書き込んだり、低評価ボタンを押す視聴者もいるそうですが、宮迫はこのような人たちを“チャリン”と呼び、逆に感謝しているのだとか。これには木下も爆笑。

(アンチでも)再生してくれてんのやから。(中略)「宮迫、とりあえず死ね」みたいなのはあるよ?でもそれを見ながら、“チャリン”って。もう感謝ですよ。

これ以外にも、芸人として出世街道を突き進んだ過去や、YouTuberとして活躍する現在の話に花を咲かせた2人。
対談の後半は、木下のチャンネルで公開されています。

初の「高評価数が低評価数を上回る」動画に

木下のチャンネルで公開された「【神回】宮迫さん、あなたもアンチだったのですね・・・」は、18日16時現在11万回再生され、高評価率77%(高評価10400・低評価3031)という結果に。
木下のチャンネルの動画では初めて、高評価数が低評価数を上回る動画となりそうです。

木下とコラボしたYouTuberは炎上するというジンクスがありますが、今回の宮迫の動画の低評価率は22%(高評価12100・低評価3440)。
炎上とはいかないまでも、5%程度である普段よりは高めの結果となっています。

木下の動画のコメント欄には

初めて木下さんのチャンネル観た
宮迫さんのお陰なのか面白かったです

宮迫さんからきました!この動画で高評価が上回りますよーに!!

と、宮迫のチャンネルから流入した視聴者を中心に、ポジティブなコメントが多く寄せられています。
これを期に負のイメージから脱却できるか、木下の今後に注目です。