きょんくま・きょんが謝罪。
動画内で裸の下半身映り込んでしまう

今月10日に「きょんくま」(登録者数134万人)のチャンネルで公開された動画の中で、出演者の陰部が映り込んでいたことが発覚。
後日謝罪と弁明をおこなう動画が投稿されたことが、視聴者の間で話題となっています。

風呂上り、下半身が映り込んでしまい…

問題となったのは、10日に公開された動画「【大炎上】火炎放射器を100均のグッズだけで防げ!!火炎放射器選手権」。
動画企画用の機材を用意するシーンにおいて、メンバーの「きょん」がラフな格好でカメラの前にあらわれましたが、このとき裸の状態の下半身がカメラの右上部分に映り込んでいたことが、視聴者の指摘で明らかとなりました。

事態が発覚した直後に動画は非公開にされ、その後当該部分がカットされた動画が再度公開されることとなりましたが、きょんくまは19日に動画「動画できょんの下半身が映ってしまいました。」を公開。

問題のシーンの経緯について

僕、裸で踊ったりとかして、みんなを笑わせるみたいなタイムが時折あるんですよ。
撮影中に僕がみんなを笑わせようとして、絶対に(動画で)使えない部分として、ちょっとやってたんですよ。

と、動画撮影中の遊び心が原因だったと釈明すると、「火をバリアで守る前に自分の下半身守ってくれって話なんですけど…」と動画の企画と絡めた冗談も飛ばしつつ、

見ちゃった人は本当にごめんなさい。

もう本当にこんなこと無いようにします。
僕のこの下半身出たのは教訓として、そういうチェックとか動画にミスないかとかよく見るようにします。

と謝罪、再発防止に努めると宣言しました。

またツイッターでは、ツイッターでは「一生の恥です。黒歴史決定です」「YouTubeやめたいです」と激しく後悔する様子も見せています。

後を絶たない“珍事件”

実はこうした事例は、過去にも別のYouTubeチャンネルで報告が。

東海オンエア」(登録者数574万人)が昨年9月に投稿した動画「【おしっ光】◯◯◯を飲み続けたらションベンが◯色に光るらしい!?!?」の中でリーダーのてつやが陰部を晒してしまい、謝罪する事態に。
この他にも東海オンエアはこれまで何度も下半身を露出しており、その都度珍事として話題となっています。

関連記事
東海オンエアの虫眼鏡、陰部を公開してしまう
東海オンエア・てつや、“珍棒”を動画で晒してしまう

この他にも、男性YouTuberが動画内で陰部を晒してしまったという報告は後を絶たない状態。
もしそういうケースに出くわしてしまったら、きょんが呼びかけたように、動画のコメント欄ではなくツイッターのDMなどでそっと教えてあげるのが優しさかもしれません。