ジョンレノ、「チョコレートスモーカーズ」復活を宣言
ただし思い出の場所として

2月17日、「ジョンレノ」(登録者数42万人)が、「チョコレートスモーカーズ」の復活を宣言しました。

2017年に暴力行為で炎上

チョコレートスモーカーズ(チョコスモ)は、2017年に結成された4人組グループYouTuberで、結成から数カ月で登録者数は60万人を突破するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いをもっていました。

ところが、リーダーのジョンレノに暴力疑惑が持ち上がり炎上。
2017年11月には、ジョンレノが暴行の事実を認めてグループを脱退。チョコスモ自体も2018年に解散しました。

ジョンレノ自身は、違うグループでの活動を始めたり、辞めたりを繰り返した後、チョコスモのチャンネルをソロチャンネルに変更して活動を継続。
1000万円にのぼる借金を抱えていることも明かしており、一時は居酒屋でのアルバイトとYouTuberの掛け持ち生活も続けていました。
現在は、北九州を拠点にソロ活動をおこなっています。

関連記事
チョコスモのジョンレノが暴力事件の真相を初告白
1000万の借金を抱えるジョンレノの「ラストチャンス」


チョコレートスモーカーズ・ジョンレノの登録者数・再生数(ユーチュラ調べ)

自分には何ができるかと日々考えてきました

ジョンレノは、ソロ活動を始めた当初は「チョコレートスモーカーズを越えたい」との思いがあったようですが、やがて「好きな仲間と楽しく動画を撮りたい」と心境が変化していったそう。

暴力行為での炎上から立ち直れない状態が3年以上も続いているジョンレノは、

今までずっと過去を反省し続け、自分には何ができるかと日々考えてきました

その結論がグループの復活だったようです。

復活といっても、メンバーが戻るわけではない

元メンバーの中には、YouTubeどころかSNSからも消えてしまった人もいるらしく、「前にように戻ることはできない」と、ジョンレノ。

“復活”とは「過去の思い出を消さないこと」であり、チャンネルは「たまにみんなが集まれる場所」「昔の動画を楽しく見返せる場所」になるとのこと。
旧メンバーが集まるって活動を再開するのではなく、チャンネル名を戻し、グループの体裁にすることが趣旨のようです。

実際、ソロ活動期間中に公開した動画は、限定公開に切り替えたそうです。
ジョンレノは、「元メンバーの誰かが時々出演してくれるならとても嬉しい」とも語っています。

何も達成できないまま終わっているのがたくさん

ジョンレノは18日に生配信を実施し、復活にあたっての説明を「補足」。

あくまでも過去の思い出を消さないこと(中略)
みんな4人集まって復活するというわけではない

と改めて説明しています。

ジョンレノは、これまで「何をしても活動が続かなかった」と話します。
チョコスモの活動ですら8カ月間で、活動が続かない理由を自分なりに見つめ直したそう。

新たな活動を始める際は、自身の“思い”が強すぎるあまり、メンバーとの間に温度差が生じていたとのこと。
ジョンレノは、メンバーが抜けるたび「そこから正直逃げてました」と述べ、

このグループでは「こうします」って言ってたことが、一つ一つ、全部何も達成できないまま終わっているのがたくさんある

と、中途半端な状態が続いたのを悔やんでいるようです。

現在のソロチャンネルは元々はグループで作ったものであり、

1人で中途半端な思いでとどめとくっていうのも、自分の中ではそれが許せなくて(中略)
自分の活動で塗りつぶしていかないように

と、心境を語っています。