再生回数稼ぎで宗教団体に“潜入捜査” YouTuberに批判の声

今月上旬より、メンバーの突然の宗教入信疑惑や音信不通などのトラブルを訴えていた「社会人ですけど何か?」(登録者数28万人)。
実は再生数を目的とした「潜入捜査」だったと告白したことで、視聴者からの批判の声が相次いでいます。

宗教勧誘を“撃退”コント動画が人気

「社会人ですけど何か?」は3人組の男性YouTuberグループで、料理や検証系の動画を投稿しているYouTubeチャンネル。
ここ最近は宗教勧誘に訪れた人をさまざまな手段で“撃退”するコント仕立ての動画が人気を博していました。

ところが今年2月、メンバーの1人「もっちゃん」が宗教に入信してしまったかもしれないと、残る2人のメンバーが告白する動画が投稿されると、チャンネルの雰囲気は一転。
音信不通になったメンバーに「戻ってきてほしいです」と真剣な面持ちで語ったり、なんとかコンタクトを取ろうとするシリアスな動画が相次いで投稿されるようになり、当初は半信半疑だった視聴者からも次第にもっちゃんを心配する声が上がるようになっていました。
(関連記事「宗教勧誘を撃退するYouTuber、逆に宗教に入信してしまい音信不通に」)

再生数目的の「潜入捜査」だった

こうした中、20日に公開された動画「皆様に真実を話します。」にもっちゃんが出演。
およそ11分にわたって、自身の「入信疑惑」についての説明をおこないました。

動画の冒頭でもっちゃんは「この度はご心配ご迷惑をおかけしましてまことに申し訳ございませんでした」と謝罪。
YouTubeチャンネルの動画の再生回数が伸び悩んでいたことを理由に、宗教団体に「潜入捜査」をおこなっていたと告白しました。
もちろんこの潜入捜査については、潜入するメンバーの選定も兼ねて、事前に打ち合わせがおこなわれていたとのこと。

音信不通となった理由については、宗教団体からの「監視」や盗聴を警戒してのことだったと説明したほか、身をもって感じたという宗教団体の恐ろしさなどもレポートしていますが、視聴者からは「ガバガバ作り話過ぎる」「言い訳にしか聞こえん」「ヤラセだとしても後に引けないからこの動画出したの?」といった声が上がっています。

今後も宗教絡めた動画は撮影

続く22日に公開された動画「今後の活動についてお伝えしたい事があります。」でも、

宗教勧誘撃退ではなくて潜入したほうが、動画の再生も伸びるやろうし新しい試みで面白いんじゃないか、というのを前々からメンバーで喋ってました。

との説明をおこなった3人。
メンバーからは「違う宗教でもなんでも呼んで撃退していきたいなと思ってる」「違う勧誘の人もまた、接点がやっとできるかなってところ」との発言もありました。

企画めぐり軋轢?視聴者の目は冷ややか

またこの動画の中では、2人のメンバーが「僕ら的にも、まあ連絡の仕方はたくさんあったんじゃないかなって正直」と、企画中の音信不通について不満を漏らしたり、企画をめぐってメンバー間でトラブルがあったことが明らかにされるシーンも。
こうした態度に対して、視聴者からは

もっちゃん可哀想…(TT) まずは潜入自体が間違っていてごめんねと辛い思いをさせたねと謝罪が必要なのではと思いました。

何かもっちゃんさんが1人悪者みたいに聞こえてしまうのはウチだけかなぁ…❓ 今回はみんなが悪いし2人がまずもっちゃんさんに謝るべきでは⁉️

といった声や、

勧誘が家に来ておちょくるのは撃退やけど、勧誘をわざわざ家に呼んでおちょくるのは撃退ではないよな。

「違う宗教呼んで撃退する」って呼んどいて撃退するって何?wwwそれの何が面白いんだよwなんだか、「宗教団体は僕たちのお金儲けの玩具です!なんせ宗教団体なんで!」って感じw

とい、チャンネルの活動方針に疑問を投げかけるコメントも寄せられており、24日18時時点での低評価率は41.9%(高評価1800、低評価1300)となっています。

加えて22日以降、わずかではありますがチャンネル登録者数が減少するなど、今回の“潜入捜査”企画に対して視聴者からは厳しい反応が返ってきている状態の「社会人ですけど何か?」。
今後の活動への影響は免れられそうにありません。