カップルTikToker「かずゆい」が破局
かずきは「SNSを辞める」

カップルTikTokerとしてYouTubeでも活動していた「かずゆいチャンネル」(登録者13万人)が解散を発表しました。

中学生カップルとして活動開始、21万のフォロワーを獲得

かずゆいは「かずき」と「ゆい(赤瀬結衣)」の2人によるチャンネルで、2人が交際を始めた2018年当時は互いに中学生でした。
2人が出会うきっかけとなったTikTokでは若い世代を中心に人気を博し、カップルアカウントとして21万人以上、かずきの個人アカウントでは37万人、ゆいのアカウントでは27万人のフォロワーを獲得していました。

2019年3月にはYouTubeでの活動を開始。2021年2月時点で登録者数は13万人にのぼっています。

「お友達に戻ることにしました」

2021年2月23日、かずゆいが「今までありがとうございました。」を公開しました。

2人は話し合いの結果「お友達に戻ることにしました」と発表し、これまで応援してくれた視聴者に感謝を述べました。

かずきは今後について

自分は自分自身やりたいことができ、そのためSNS活動をやめたいと思います

と発表しました。それに伴い、かずきが登場する動画は今後非公開にするとのこと。
ちなみに現在、かずきの個人ツイッターやTikTokの投稿は、活動休止を報告するもの以外非公開となっています。

@kazuki241523本当にありがとうございました🙇🏻‍♂️感謝しかないです。♬ ありがとう – Ikimonogakari

ゆいは「決して仲が悪くなったわけではないので」かずきとは今後もプライベートで遊ぶことはあるとしつつ、

これからもお互い自分のやりたいことを頑張っていくので、よろしくお願いします

と視聴者に呼びかけました。

「2人が決めたことならいいと思います」

コメント欄には

かずゆいめっちゃ大好きだった…
2人がティクトック初期の頃から見てる…
2人が決めたことならいいと思います

かずゆい…大好きだったけど話し合って決めたなら仕方ないよね。
これからも個人個人応援します。

と、2人の決断を応援する声が寄せられています。