ヒカキンが170万円の“イヤホン福袋”購入。
「想定の範囲外」と驚きつつも大絶賛

2月26日、「ヒカキン」(登録者数891万人)が「70万円のイヤホン福袋買ったら中身ブっ飛びすぎててワロタwww」を公開しました。

170万円のイヤホン福袋を購入

ヒューマンビートボックスでブレイクしたヒカキンは、兄の「セイキン」(同393万人)とともに音楽活動もおこなっており、代表曲の「YouTubeテーマソング」は1億再生を超えています。

そんな音楽好きのヒカキンは、今回「eイヤホン」で購入した170万円もしたという福袋を開封します。
eイヤホンは、ヒカキン&セイキンが『ミュージック・ステーション』などで使用したイン・イヤー・モニター(イヤモニ)も購入したという、本格的なイヤホン・ヘッドホン専門店です。

予想外の商品の連続に困惑気味のヒカキン

福袋の中身は秘密。
ヒカキンは、「イヤホンは絶対入ってんじゃん」と想像を膨らませながら、3つの大きなダンボール箱をひとつずつ開封していきます。

ところが出てくるのは、予想に反して大きめの機械ばかり。
何に使うのかはまったく分からないながら、「明らかにやばいオーラ放ってる」と、スゴそうなことは感じた様子のヒカキン。
とはいえ「イヤホンは入ってるよね・・・さすがに」と困惑気味。

YouTube

ヘッドホンらしき商品も出てきますが、「未来のヘッドホンみたいな形」という言葉通り、普通のヘッドホンにとは明らかに違う見た目。
ヒカキンは、恐る恐る頭に装着したものの「なんか違う感じする」と首をかしげます。

YouTube

開封を終えた結果、イヤホンは1本もなく、入っていたのは用途不明の高級そうな機械ばかり。

想定の範囲外のことが起きてしまいました

と、困惑したヒカキンは、「兄貴にあげたほうがいいのか」といい、商品一式をもって兄のセイキン宅を訪れることに。
セイキン宅でeイヤホンの担当者に機械の設置をしてもらいます。

「部屋で鳴ってるみたい」と大絶賛

元々アカペラ歌手で、現在はヒカキン&セイキンの作曲も担当しているセイキンですが、セイキンもこれらの機械の用途は分からない様子。

eイヤホンの担当者に機械を設置してもらい、早速試聴すると・・・
ヒカキンは「おおお!すげぇ」と絶叫し、「部屋で鳴ってるみたい」と絶賛。
セイキンも「うぉおお! すごい!」と叫ぶと、「ライブ会場だ! ここは」と絶賛しました。

YouTube

担当者によると、このヘッドホンは46万円もするそう。
これらの機械は、元々はプロのエンジニアのためのもので「スピーカーよりももっと細かく音を聞きたい方」向けとのこと。

音には相当のこだわりがあるというセイキンも、「聴こえなかった音が初めて聴こえた」と驚いていました。

eイヤホンのウェブサイトによると、福袋にはヘッドホン「RAAL SR1a」46万2000円をはじめ、213万9400円相当の商品が入っていたとのこと。
(参考:eイヤホン

これを気前よくセイキンにプレゼントしたヒカキンは、「次の我々の曲にご期待ください」と語っています。

コメント欄では

結局 お兄ちゃん孝行になりまして。

ヒカキンさんとセイキンさんのやりとり見てると笑顔になる!!

と兄弟の仲の良さを褒める声や、

セイキンが饒舌になるのガチおもろいwww

と、夢中になるセイキンが面白いといった声が寄せられています。