水溜りボンドの「ANN0」枠が4月から移動
「延命丸出しラジオです」と自虐

水溜りボンド」(登録者数419万人)がパーソナリティーを務めるラジオ番組『オールナイトニッポン0(ZERO)』(ANN0)で、水溜りボンドの担当が4月以降、月1回の土曜日の放送に変更になることが発表されました。

水溜りボンドは昨年4月に『ZERO』のパーソナリティーに就任。
毎週木曜日の深夜に放送を担当しています。

延命丸出しラジオです

26日未明の放送で、4月以降は月1回になると発表した水溜りボンドの2人は、

(カンタ)分かりやすく、延命いたしました。
これはもう、頭を下げるしかないです。下げ続けるしかないです。
もう、アブねぇー

と、降板にはならなかったことを「延命丸出しラジオです」「裸で歩いてる気分だわ」と自虐。

ラジオ好きで知られる2人は「できることなら毎週やりたい。楽しいからね」としつつも、「でも楽しいだけじゃダメなんだよ」とも語っています。

水溜りボンドが移動する土曜日の枠は、ラジオ聴取率V29を達成しているオードリーの枠の後。カンタは「正直震えています」と打ち明けていました。

初著書発表と同日に改編発表

水溜りボンドは26日に自身初となる著書『水溜り本―水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)深夜のアミーゴ―』(扶桑社ムック)の発売を発表したばかり。

カンタは、「(1年しか)歴史のない番組に本を出させるな」との考えをもっていたことを明かした上で、「僕たちにはね、週イチの未来もなかった」、トミーも「歴史もなけりゃあ未来もない番組」とここでも自虐発言。
2人によると、書籍の担当者も番組の改編は知らされていなかったそう。

その一方で、本はアマゾンで総合1位にランクインするなど好調なようです。

登録者の減少が止まらない水溜りボンド

水溜りボンドは、昨年10月、オールナイトニッポンのイベントチケットの売れ行きをめぐる発言で炎上。
それ以降、チャンネル登録者の減少が続いており、昨年9月時点では437万人だったのが、現在では419万人にまで減少しています。

今年1月からは6年間続けた毎日投稿も終了した水溜りボンド。
ラジオやテレビなどの出演でYouTubeの活動がおろそかになっているとの声も上がっていただけに、今回の改編がYouTubeの復調に繋がると期待したいところです。

関連記事
水溜りボンド、イベント発表も即完売せず「めちゃくちゃ悔しい」。ファン困惑で異例の低評価に
水溜りボンドはオワコンなのか?