宮迫・ヒカル起用で2000万円
“案件動画”の妥当性を市議が追及

宮迫博之」(登録者数137万人)と「ヒカル」(同433万人)を起用した“案件動画”について、長崎県大村市の市議会で答弁がおこなわれました。

宮迫・ヒカルにボートレース場の宣伝を依頼

1月24日、宮迫博之のYouTubeチャンネルで「【神回】ヒカルくんとボートレースで100万円賭けた結果!?」が公開されました。

動画の中で、ビデオ会議システムを通じて宮迫と直接対談した大村市の園田裕史市長は、

大村市はボートレース、競艇の発祥の地なんです。(中略)
ぜひ宮迫さんにも遊びに来ていただいたり、舟券買っていただけないかなと思ってるんです。

ボートレース大村を全国の人に宮迫さんの力で広めていただきたいなと思ってるんです。

と、大村市のボートレースの広告を依頼。
困惑した様子で「これは行政からのお仕事と取っていいんでしょうか?」と問い返す宮迫に、園田市長は笑顔で「もちろんです!」と力強く返答していました。

“闇営業”からの復帰の足掛かりに?

宮迫といえば2019年に“闇営業”問題が発覚して以来、YouTube活動に軸足を移しているものの、目標としているテレビへの出演は依然としてかなわず。
“圧力”や“忖度”によりテレビ復帰ができないというニュースもたびたび報じられています。

そんな中で舞い込んだ行政からの案件の依頼に、チャンネルの撮影スタッフからは歓声が上がる一方で、宮迫本人は頭をかかえるようなしぐさを見せていました。

関連記事
宮迫博之とのYouTube共演はNG? 吉本内部の“雰囲気”を鬼越トマホークが告白
カジサック、宮迫NGの圧力は「ない」と断言。吉本上層部に「ハッキリ聞きました」
宮迫&ヒカルCMは他の民放局では全てNG。ロコンド社長、“忖度・圧力”に怒り

YouTube

動画では、宮迫はヒカルとともに、『ボートレース大村』のレースをウェブ上で観戦。
それぞれ50万円を賭け、ボートレースに熱中する様子が公開されていました。

 

次ページ:大村市が3本2000万円で発注

1 2