「妄想からの性的欲求」「体を掴む」イケメンYouTuberが深刻なストーカー被害を告白

アニマルハウスユーキ」(登録者数13万人)の森田優基が今月5日、YouTube生配信を通じてストーカー被害を告白。
ファンからは加害者に対する怒りの声が寄せられています。

昨年夏にストーカー被害を告白、警告文も

自宅で多数の動物を飼っているほか、アニマルカフェなどにも頻繁に足を運び、動物と触れ合う様子を公開しているYouTubeチャンネル「アニマルハウスユーキ」。
出演する森田の中性的で整った容姿でも人気を博しています。

 

昨年8月には、一部の視聴者から情報の特定やつきまといなどのストーカー被害を受けていたことを告白。
所属事務所「アデッソ」からは警告文が公開されたこともあり、一時はこうした被害はおさまっていたといいますが、今月5日におこなった生配信の中で、ストーカー被害が再燃していることを明らかにしました。

動物虐待、キャバクラ通い…デマ情報拡散される

配信の中で森田はここ最近のストーカー被害について、親しい友人を騙る何者かが、視聴者に自身についての「嘘の情報」を流していると説明。

虚言・デマ情報
・動物の世話をしたことがない
・リスナーとラブホテル三昧
・毎晩酒を飲み、動物虐待をしている
・頻繁にキャバクラ通い

森田は「本当に信用しないでください。全部嘘です」とこれらの疑惑を否定していますが、こうした情報を真に受けた一部の視聴者からツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)を通じて誹謗中傷の声も寄せられているとのことで、配信ではその一部も公開しています。

ユーキくんって最低ですね。

動物が好きというのは結局嘘なんですね〜

裏でやってること気持ち悪い。

ネット上での被害に加え、森田は「買い物帰りに背後から近寄り体を触る」「5〜10分おきにピンポンダッシュ」といった、直接のストーカー被害を受けているとも説明。
ここ最近はメンタル面でも不調をきたしていると説明しており、現在もストーカー行為に恐怖心を抱いていると話しました。

所属事務所も警告「妄想からの性的欲求」

所属事務所もツイッターにて今月2日、「重要なお知らせ」として、森田のストーカー被害についての声明を発表。
文章の中には「妄想からの性的欲求対象として待ち伏せして直接体を掴む、抱きつくなどの性的行為での嫌がらせ」といった一文もあり、加害者の非常識的な行為の一端がうかがえます。

引っ越しも検討していると森田

自身や周囲の関係者のほか、飼っている動物への悪影響を危惧しているという森田。
引っ越しも検討しているものの、ペットとの兼ね合いもあり思うように進んでいないとも話しています。

こうした告白に対して、視聴者からは「早く落ち着く事を祈ってるね」「応援しています」と森田を励ます声だけでなく、「ゆうきくんを苦しめないでほしいです」「ストーカー…最低ですね」と加害者に対して怒りを示す視聴者の姿も見られました。