「怪盗戦隊ヌスムンジャー」メンバー 著作権侵害で逮捕
コンセプトは「V系バンド盗みます。」

ヴィジュアル系バンドの「怪盗戦隊ヌスムンジャー」(登録者数7640人)のメンバーが、著作権法違反により逮捕されたようです。

コンセプトは「V系バンド盗みます。」

ヌスムンジャーは、「V系バンド盗みます。」をコンセプトに掲げるバンド。
さまざまなV系バンドのパロディを作っており、例えば以下の「酔わせてカルアミルク」という曲は

ゴールデンボンバー」(登録者数25万人)の「酔わせてモヒート」のパロディで、歌詞こそ違いますが、曲調はもちろんメンバーの衣装やMVの構成などはそっくりです。

ただしメンバーには悪意はないらしく、過去には

本家アーティスト様へのリスペクトの気持ちとしてV系って素敵だよね、このバンドのここが魅力だよね、という事をボクたちなりにみんなと共有して楽しみたい、という信念を持ち本気でパロディを作りバンド活動をしています。(ツイッター

と述べています。
とはいうものの、これまでには知的財産権をめぐるトラブルがあったようで、昨年8月にはMVの弁護士を通じて警告を受けたことを報告しています。(ツイッター

著作権法違反で逮捕される

そんなヌスムンジャーは3月10日、公式ツイッターで「重要なお知らせ」として、

3月9日(火)にVocal.の「まさと」が著作権法違反(翻案権及び同一性保持権の侵害)の容疑で逮捕されたとの連絡が入りました。

と発表しました。

逮捕されたという3月9日には、まさと本人が警察の家宅捜査を受ける様子をツイッターで投稿していました。

3月11日、まさとはツイッターを更新し、逮捕の事実を報告するとともに、検察官が勾留請求をしなかったため釈放されたと投稿。

自身の軽率な行動により社会に許されざる不祥事を起こし、メンバーをはじめ関係各所の皆様に多大なるご迷惑をかけてしまったことをお詫び申し上げます。

と謝罪しました。今後後については

心を入れ替え、今後もバンド活動を継続させていただきます

としています。