TikTokerさくらのイジメ疑惑に新たな証言者
よりひと、VAZと真っ向対立へ

中学生TikToker「さくら」(登録者数40万人)のイジメ疑惑をめぐって、「よりひと」(同63万人)が新たな動画を公開し、3人目の証言者「Cくん」を登場させました。
一旦は受け入れたVAZからの警告を、完全に無視した形です。

所属事務所から名指しで批判受ける

今月5日、よりひとは自身のYouTubeチャンネルで公開した動画を通じて、中学生TikToker「さくら」の小学校時代のイジメ行為を告発するメッセージを公開。
別の日に投稿した動画でも、さくらと知り合いだという2人の証言者を招き、中学校でのイジメ行為に関する告発を受けていました。

これに対してさくらの所属事務所「VAZ」は18日、公式サイト上にて声明を発表。
「YouTuberの『よりひと』が、当社所属のクリエーターに対し、YouTubeへの動画の投稿により、侮蔑的表現を用いた侮辱及び名誉棄損等の不法行為を行っている」とよりひとを名指しで批判したほか、不法行為の停止および動画の削除を求める警告文を送付したことを明らかにしていました。
(参考:VAZ「『よりひと』の動画に関する警告文の送付について」)

動画を非公開にするも…

声明が発表されたのち、よりひとはYouTubeチャンネルにて動画「今回のことについて」を公開。
「完全に僕が悪いと思います。本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げ、さくらに関する動画を非公開にする措置もとっていました。

ところがその翌日、よりひとは非公開にした動画を再度公開。
この日新たに公開した動画の中では、謝罪動画内でのさくらの態度を批判したほか、さくらのイジメ行為を告発する新たな証言者「Cくん」を電話出演させるなど、VAZと徹底的に対立する姿勢を見せています。

「脅迫」「悪くないのに謝らされた」証言者明かす

特によりひとは、証言者2人からすでに謝罪を受けているとするさくらの主張について、「相手(さくら)側の親から訴えるぞっていうふうに言われたらもう謝るしかないと思うんですよね」と疑いの目を向けています。

実際、動画内で公開された新たな証言者「Cくん」との会話の中では、こんなやりとりも。

(よりひと)昨日泣きながら相談されたんだよね?Bさんに。
(Cくん)はい。

(よりひと)Bさんが謝罪したっていうふうにさくらさんは言ってるんだけど、Bさんからはなんて聞いてる?
(Cくん)なんか脅迫みたいな感じで、悪くないのに謝らされたって。
(よりひと)どういう脅迫?
(Cくん)警察とかに訴えるぞ、みたいな感じで

この他にもよりひとは、肝心のイジメ疑惑について、さくらは小学校時代はいじめられていたと主張するばかりで、中学校時代のイジメ行為にはほとんど触れられていないとも指摘。
Cくんからは、

(よりひと)Bさんから、さくらさんと話したとき、いじめたことを認めたっていうのを聞いたんだよね?
(Cくん)はい。

(よりひと)さくらさんはイジメをしていたっていうのは認めたって聞いたのね?Bさんから。
(Cくん)通話では認めたらしいです。

と、さくらがイジメを認めたとする証言もなされています。

新たな証言者とのやりとりも公開しつつ、視聴者に「みなさんはさくらが本当のことを言っているように見えますでしょうか」と問いかけたよりひと。
「ほかにもさくらさんについての証言の動画も撮っております」「次の動画でお会いしましょう」と別の疑惑の存在についても仄めかしたところで、この動画は終えられています。

関連記事
女子中学生TikToker「桜」、いじめ疑惑を全力否定「信じて頂いて大丈夫です」
TikTokerさくらのイジメ疑惑 被害者名乗る人物が証言
VAZ、よりひとに警告文を送付「侮辱及び名誉棄損等の不法行為を行っている」
TikTokerさくら、イジメ疑惑を改めて否定 よりひとは謝罪し動画削除
中学生TikToker・さくらのイジメ疑惑は「でっちあげ」みずにゃんが独自調査