ヒカル「セクハラ行為」で文春砲が炸裂。
ヒカル「地雷って踏まなわからんねん」

ヒカルに文春砲が炸裂

2019年1月12日に「週刊文春」が「ヒカル」(登録者数290万人)「カリスマYouTuberヒカルの“ネットセクハラ”を被害女性が告白」という記事を公開しました。

人気YouTuberのヒカル(27)が、ファン女性に対してインターネットを介したセクハラ行為に及んでいたことがわかった。
週刊文春「カリスマYouTuberヒカルの“ネットセクハラ”を被害女性が告白

記事では、ファン女性(以下A子さん)は、ヒカルのチェキ会に参加したことをキッカケにヒカルからTwitterでDMが届くようになり、

ヒカルからのメッセージが〈お前は俺の奴隷。わかった?〉〈調教おねだりしてみろ〉〈俺のためにえっちな写メ送れ、見てあげるから〉といった卑猥な内容ばかりになったという。

ヒカルの要求はさらにエスカレート。結局、A子さんは下着姿や全裸の写真を送ってしまった。今でもヒカルの手元に写真が残っていることに恐怖を感じているという。
(週刊文春)

とされています。

 

ヒカル、直撃取材には無言で対応

ヒカルは1月12日深夜のツイキャスで、週刊文春から直撃取材があったことに言及。
1月11日に、大きなカメラを持った人が走り寄ってきて「どう思いますか」と尋ねられたそう。ヒカルは記者には答えず、タクシーに乗って帰宅したそうです。
フードを被ってマスクをしていたので、待ち伏せされていたのではないかと語っています。

 

コレコレが告発女性と生電話

YouTube関係の話題のニュースを取り上げている「コレコレ」(87万人)が、12日深夜のYouTubeライブでこの件について取り上げました。

 
生配信にはA子さんが電話出演。
コレコレはA子さんと以前から面識があり、この件についても以前から相談を受けていたそうです。

電話では、週刊文春の記事に書かれていない内容も含め、この件の経緯が詳細に明かされました。

キッカケは女性の求め

A子さんは11月24日に大阪で開催された「カルxピン」のチェキ会に参加。そこで

「私がひざまずくんで髪の毛引っ張って欲しいです」

と自らヒカルに依頼して写真を撮ったそうです。

その後、ヒカルからTwitterでDMがあり、

「俺も性癖おかしいからああいうの興奮する」

と、すぐに性的なやりとりに進展。

ヒカル、自慰動画を女性に送付

週刊文春の記事にもあるとおり、A子さんはヒカルに求められるままに下着姿や全裸の写真を送ってしまったそうですが、それ以前にヒカルからのLINE電話でお互い自慰行為をしたり、ヒカル自身が自慰行為を撮影した動画が送られきたこともあるそうです。

A子さんはそういうやり取りに内心「引いてた」そうですが、「ガチ恋」(本気で恋をしている)だったため、ヒカルの求めを断ることはなかったそうです。

その後、A子さんはヒカルと東京のホテルで実際に会い、性的な行為に及ぶことに。
その際、ヒカルから強制はなかったとのこと。

ホテルでの密会後はヒカルからの連絡が途絶えがちになったものの、A子さんは、ヒカルから

「お前は俺の奴隷やから、奴隷の証として体の見えへんとこ俺の印(タトゥー)つけたい」
「俺、寝取られ願望とかあるから、俺が命令したら知らないオッサンともやれるやろ」

という電話のやりとりがあったと話しました、
コレコレが冗談ではないかと尋ねると、A子さんはヒカルは「ハアハア」言っており、本気だったと断言しています。

コレコレへのタレコミがバレて絶縁

その後、A子さんがコレコレに相談していたことがヒカルに伝わり、ヒカルから

コレコレさんにタレコミしたって聞いた
ちょっとさすがにもう信用なくしたからもう関われへん
すごいショックやけどまあそうさせた俺が悪いんやと思うからごめん

LINEで連絡があり、絶縁状態になったようです。

コレコレ「ヒカルはそんなに悪くない」

A子さんは風俗嬢で、現在精神的な病気を患っているとのこと。

「(ヒカルに)ガチ恋してて繋がりたいと思ってるような人いると思うんですけど、そういう人には目を覚ましてほしい」

と語りました。

コレコレは、YouTuberがファンに手を出す話はこれまで「腐るほど聞いてきた」ものの、犯罪性がないので取り上げてこなかったと話し、今回は、A子さんの強い要望に応じたと語りました。

コレコレは「みんなのコメントを見る限り、ヒカルはそんなに悪くない」と締めくくっています。

ヒカルの立場ではセクハラと認識できない

A子さんとのやり取りでヒカルがかなり特殊な性癖を持っていることが分かります。

ただヒカルは特殊な性癖をこれまでにもたびたび語っており、ヒカルをよく知るファンの間では知られたことです。

A子さんは、ヒカルの求めに対し、一度も拒否する姿勢を見せておらず、ヒカルの立場ではA子さんはノリノリで応じたように見えるはず。セクハラと認識できる機会はなかったように思えます。

コレコレのライブ配信でも、ヒカル擁護の意見が多く見られました。

週刊文春の記事は公平性を欠く

A子さんとヒカルの関係のキッカケが、チェキ会でA子さんがヒカルに依頼した撮影ポーズであったことは週刊文春の記事では言及されていません。

また、A子さんは自分の全裸写真をヒカルが今も持っていることに「恐怖を感じている」そうですが、A子さんがヒカルの自慰行為の動画を持っていることには触れられていません。
(コレコレはA子さんからヒカルの自慰行為の動画を受け取っています。)

当サイトは中立の立場ですが、週刊文春の記事はヒカルをおとしめようとする意図を感じます。

ヒカルは1月12日のツイキャスで今回の件に触れ、

「地雷って踏まなわからんねん。地雷って進化するパターンあるねん」

と語っています。