「ジェンダー平等」掲げるのは「時代遅れ」
報ステのWebCMが大炎上 低評価97%

2021年3月22日、『報道ステーション』(テレビ朝日系)がYouTubeで公開したWebCMが大炎上しました。
低評価数6000以上、低評価率は97%にものぼり、CMが取り下げられる事態となりました。

報道ステーションの新CM

CMは、仕事が帰宅した女性が「ただいま」と挨拶をする場面から始まります。

YouTube

女性は

リモートに慣れちゃってたらさ、ひさびさに会社行くと変な感じしちゃった。
会社の先輩、産休あけて赤ちゃん連れてきてたんだけど、もうすっごいかわいくって

と笑います。続けて

どっかの政治家が「ジェンダー平等」とかって今スローガン的に掲げてる時点で、なにそれ、時代遅れって感じ

化粧水買っちゃったの。もうすっごいいいやつ。
にしてもちょっと消費税高くなったよね。
でも国の借金って減ってないよね。

といい、最後は「あ、9時54分。ちょっとニュース見ていい?」と、女性が報道ステーションを見始める体でCMは終了します。

ジェンダー差別か?批判殺到

このCMに対し「バカにすんなよ」「哀れさを感じるほどの出来」と批判が殺到しました。
ツイッターでは

とりあえず一般的な女はジェンダー平等は達成されてると思ってて消費税上がってもお肌のためにいい化粧水買うバカだと思われてるってことは伝わった。バカにすんなよ

報ステのCM、母性信仰、ルッキズム、エイジズム、ミソジニー(バックラッシュ)に溢れててすごい。

女に「ジェンダー平等とか時代遅れ」と言わせるグロテクスさ。(原文ママ)

報ステのCM、引用したくないレベルでひどい。いやなんで「ジェンダー平等を掲げる政治」が時代遅れなの!?なにか反語的表現かと何度考えても意味がわからない。あまりにジェンダー不平等な日本社会こそが国際的にみたら時代から遅れまくりなのに。本当に見る気なくなる

といったコメントが寄せられています。
特に「ジェンダー平等」が「時代遅れ」というセリフに対する批判が目立ちます。

男女格差を示す「ジェンダーギャップ指数」で日本が153カ国中121位だったことを挙げ(参考:内閣府男女共同参画局

ジェンダー平等が時代遅れなのではなくて、ジェンダーギャップ121位の日本が時代遅れなんですよ…。

と呆れ返る視聴者も。
YouTubeでは、低評価が6000以上寄せられ、低評価率は97%にも達しました。

動画削除、謝罪文公開

大炎上を受けて、報道ステーションはWebCMを削除。
きょう午後1時ごろ、ツイッターで謝罪文を公開しました。

謝罪文ではジェンダー問題について、

世界的に見ても立ち遅れが指摘される中、議論を超えて実践していく時代にあるという考えをお伝えしようとしたものでしたが、その意図をきちんとお伝えすることができませんでした。

と釈明しています。

ツイートのリプライ欄では

報道ステーションはもう二度と見ないでしょう。何がダメなのかわからない人たちが作る番組に見る価値は無いです。

意図が伝えられないって報道としてどうよ

と、憤慨する視聴者のコメントが寄せられています。