YouTuberのリアリティー企画で泥酔女性にわいせつ行為。
視聴者から批判続出

2021年3月24日、「KOHEY」(登録者数69万人)が「#38 【ご報告】ノナを脱退させることにしました。」を公開しました。

ハーレムハウス、ノナ脱退

『ハーレムハウス』とは、「100日間男1人と女の子3人が、1つ屋根の下で同棲したらどうなるのか」というリアリティー番組のような企画です。

・プライバシーなし
・NG一切なし
・起きた真実は全て晒す

というルールで、今年1月にスタートしました。
男性参加者はKOHEY1人、現在女性参加者はウニ、ノナ、みゆうの3人です。

今回の動画でKOHEYは、ノナを脱退させたと報告。
脱退のきっかけとなったは、3月21日に公開された「【ノーブランド】#35 【晒します】過激すぎて即削除されたので再アップします。」(現在非公開)で、飲み会で泥酔したノナと、ハーレムハウスにゲストとしてやってきた男性とのわいせつ行為が収められていました。

動画は現在非公開となっていますが、男性が長時間にわたってノナにわいせつな行為をおこない、下半身が裸の姿も映されていたもようです。
KOHEYによると、当初はモザイクなしで公開したところYouTubeに即削除されたため、モザイク処理を施し再度公開したとのこと。

KOHEYとノナのスタンスの違い

しかし、問題の動画を公開するにあたり、KOHEYはノナの許可をとっていなかったらしく、ノナは激怒。
「昨日の動画削除してほしい」「モザイクかければなんでもありじゃないよ」と動画の削除を要求し、

いろんな人があの動画を見てて涙止まらんしそれだけで私は死にたい

というメッセージをKOHEYに送ってきたそう。

しかしKOHEYは、ハーレムハウスのルールは「NG一切なし」「起きた真実は全て晒す」であることから、

一応今回動画は消すけど、このまま住んでもいずれかやらかす事が起きると思うからこれ以上住ませるのは危険と判断して脱退という形をとるね。
他の人も消して欲しい動画はあると思うし、1人動画消すのを許すとみんなも今後そうなってしまうからさ

と、動画の削除を受け入れる一方で、ノナの脱退を決めたと説明しました。

KOHEYは、テレビでは映せない、YouTubeだからこそできるものを撮りたいと訴えます。
加えて、1本1本の動画の編集にはコストがかかっており、簡単には削除できないという考えもあるようです。

ノナ「分かってないならそれなりの対応はしようと思う」

KOHEYはノナとの話し合いを申し出ますが、

その話し合いはちゃんと中身ある?
それは形式的にそういう場を設けることで、今後動画で、話し合った末合意の元脱退になりましたって言って丸く収めたいだけじゃない?
結局私が動画消して欲しいとまで言った意味わかってる?
分かってないならそれなりの対応はしようと思うから

と、ノナはKOHEYの対応を疑問視している様子。
LINEでのやりとりの結果、24日に会って話し合うことになったようです。

現在動画の低評価数率は59%(高評価905・低評価1299)となっています。
コメント欄では

いくらYouTubeが仕事で、入居の時にプライバシーは無いと言っていても何でもかんでも載せていいわけじゃ無いでしょ。
あの動画を見て誰が得するんですか?一人の女の子の気持ちを考えられずに自分に都合の良い解釈しかできないなんて呆れる

全部ノナが悪いみたいに言うが、あの状況は半分レイプに近いやろ。
勿論ノナ自身に責任が全くないとは言わないが、あの状況を簡単に自業自得みたいに言えてしまうのはちょっと怖いわ。

消された動画見たけどモザイクが結構薄かったしあれはプライバシーとか関係無しに常識的にダメだと思った。
まぁちゃんとかみゆうちゃんの時と違って裸がモザイクがあるとは言え映ってるしノナちゃんが怒る理由も分かる。
こーへー君が動画に関して言ってるのは単純にあの裸のシーンをカットしたら済む話じゃなかったのかな?
編集も長い時間して色んな人に手伝って貰ってるのも分かるけど消したくないならどこのシーンが嫌だったのか聞いてそこだけカットしたら良かったじゃん。

と、KOHEYのズレた考え方を批判するコメントが多く寄せられています。
ちなみに、泥酔した女性にわいせつな行為をおこなった場合は、準強制わいせつなどの罪に問われる可能性があります。
(参考:弁護士ドットコム