小学生YouTuberゆたぼん、卒業式出席を許されず
髪を染めていたため

3月24日、「ゆたぼん」(登録者数12万人)が「校長室でひとり卒業式してきた」を公開しました。

“少年革命家”を名乗るゆたぼんは、現在沖縄を拠点に活動する小学生YouTuberで、学校には行きたいときに行く“不登校の自由”を主張。2019年5月にはテレビや新聞で取り上げられ、賛否両論を巻き起こしました。

髪の毛を染めているので卒業式に出られず

この日、小学校の卒業式だったというゆたぼん。ところが、学校の先生から

髪の毛染めてたら卒業式には出れません

と連絡があったとのこと。
ゆたぼんは、現在髪の毛を薄い紫色に染めています。

先生から「髪の毛を黒く染めたら卒業式に出れます」とも言われたそうですが、「別に出たいとも思ってないから『行かないです』」と言い、ゆたぼんは断ったのだとか。

卒業証書は取りに来てほしいと言われたそうで、ゆたぼんはトレードマークの麦わら帽子にアロハシャツ姿で小学校の校長室に向かいます。

校長室では、ゆたぼんのために“ひとり卒業式”が開かれ、卒業証書を受け取ったゆたぼんは「いぇーい!」と屈託のない笑顔を見せました。

行きたくない子は家で学ばせてあげて

ゆたぼんは、「子供は学校に行く権利はあるけど、義務はない」とし、

学校に行きたい子は行ったらいいし、学校に行きたくない子は行かんでいい

改めて“不登校の自由”を強調します。

親も子供を無理やり学校に行かせるんじゃなくて、行きたくない子は家で学ばせてあげて、俺みたいにホームスクーリングにしたらいいねん

と呼びかけると、

俺はこれからも自分らしく冒険しながら自由に生きていくぜ!

と意気込みを見せています。