プロ棋士引退の橋本崇載が“坊主ニート”でYouTubeデビュー 驚きの引退理由を告白

今月2日、「ハッシー」の愛称で親しまれているプロ棋士の橋本崇載(はしもとたかのり)八段が現役を引退することが、日本将棋連盟の公式サイトを通じて明らかになりました。
将棋連盟は引退の理由について「一身上の都合」と説明していますが、橋本氏は4月に開設したYouTubeチャンネルにて、引退に至った衝撃の経緯を語っています。

「一身上の都合」将棋8段が現役引退

日本将棋連盟は今月2日、公式サイトにて橋本崇載八段引退のお知らせ」を公開。

この度、橋本崇載八段より一身上の都合で、令和3年4月2日付で引退届の提出がありました。日本将棋連盟としては本人の意思を尊重し、これを受理いたしました。
(日本将棋連盟橋本崇載八段引退のお知らせ

昨年10月には、同じく公式サイト上にて「一身上の都合により2020年10月1日~2021年3月31日まで休場」することが発表されていました。

日本将棋連盟からは「一身上の都合」とのみ説明がなされていましたが、橋本氏は4月2日、新たに開設した自身のYouTubeチャンネル「橋本崇載チャンネル」(登録者数5000人)にて、引退に至った経緯を告白しています。

妻に子供連れ去られた…衝撃告白

現役引退の報道を意識してか、「元棋士の橋本です」「棋界の風雲児と呼ばれた私もですね、令和3年4月1日現在、情けない坊主の単なるニートの38歳でございます」と自虐した橋本氏。
笑顔を浮かべたのも一瞬、厳しい表情をカメラに向けると、

社会問題になっている事象に今、私は被害者として巻き込まれています。

忘れもしません。令和元年の4月18日、私が対局から帰ってくると、この子の母親がですね、結翔(ゆうと)を連れ去りました。社会問題になっている「子の連れ去り」というやつですね。

と、実の息子の結翔くんが、妻に連れ去されてしまったと告白しました。

橋本氏は子供が連れ去られる以前には、浮気や暴力といった家庭問題はなかったとも説明。
連れ去りの理由については「母親の、まあ一瞬“トチ狂った”といいますか…」と触れたほか、現在は妻との離婚裁判中であることも明らかにしました。

動画は「第一話」。今後新たな展開も

こうして自身の被害を告白するとともに、「子の連れ去り」問題に対する世間の関心の低さに警鐘を鳴らした橋本氏。

連れ去りっていうのは誘拐ですからね。倫理観でいったら犯罪でないとおかしい。
子の連れ去りは犯罪、犯罪にしないといけないんです。

「みんなで力を合わせて戦いましょう」「一人ひとりの善意が息子を救うことになります」と語ると、多くの人にこの社会問題を知ってもらうため、メディアや視聴者に動画を拡散するよう呼びかけました。

こうした橋本氏の訴えに対して、コメント欄では「日本の法整備が整う事を願って止みません」「問題が円満に解決されることをお祈りいたします」と、橋本氏を応援するコメントが相次ぐことに。
一部の視聴者からは、「奥様側の主張を聞かないと、第三者では善悪の判断はつきかねます」と、慎重な姿勢を保つコメントも寄せられています。

橋本氏は今回の動画を「第一話」と位置づけ、「続きはまた明日の動画にてお話いたします」と、今後も意見発信を続けていく方針を明らかにしています。
動画内でも、子を連れ去った妻の両親への説得を「地獄の始まり」と表現しており、今後も新たな告発を続ける見通しです。

参考
子どもの連れ去り別居は違法?親権獲得や連れ去り別居されたときの対処法