「MINAMI」がVAZを退所
TikTok100万フォロワーの中学生インフルエンサー

4月3日、「みなみ」(登録者数54万人)が所属事務所のVAZを退所したと報告しました。

現役中学生インフルエンサー

みなみ(MINAMI)は、2006年生まれの現役中学生インフルエンサーで、TikTokで100万人、インスタグラムで32万人のフォロワーを持ち、YouTubeでは54万人の登録者を持っています。

VAZ退所を報告

みなみは3月にVAZを退所したと報告。退所の理由は、

契約更新の時期が来たんですけど、事務所の方とお話して、更新しないことにしました

とのことで、

特に事務所と何かあったとか、そういう訳ではありません

と説明しています。

めるぷちには引き続き出演

みなみは、VAZが運営する小中学生向けのチャンネル「めるぷち」(登録者数26万人)にも出演していますが、こちらは中学卒業まで続けるそうです。

みなみ自身のYouTube活動はこれまで通り継続していくとのこと。みなみは、サブチャンネルの「かいみみちゃんねる」(登録者数12万人)でも、変わらず活動する旨を報告しています。

なお、VAZのウェブサイトのクリエイター紹介ページからは、すでにみなみのプロフィールは削除されています。

新生VAZからも退所が続く

かつては「ヒカル」(登録者数436万人)や「ラファエル」(同179万人)といった人気YouTuberを擁し、飛ぶ鳥を落とす勢いがあったVAZ。ここ数年、「スカイピース」(同320万人)や「まあたそ」(同194万人)といった人気クリエイターの退所が相次いでいます。
2019年1月には報酬の未払い問題がテレビに取り上げられたほか、2020年9月には看板クリエイターの「ねお」(登録者数100万人)との金銭や待遇をめぐる退所騒動が起きるなど、トラブルが多発。
2020年10月には創業者でもある森社長の退任が明かされ、新経営体制のもとで改めてIPOを目指すと発表されていました。

ところが、今年3月には「ジュキヤ」(登録者数179万人)が退所を発表。
みなみは、これに続いての人気インフルエンサーの退所で、新生VAZの先行きに不安を感じさせるニュースが続くこととなりました。