「YouTube研究家」が活動再開
2年前 中学生“物申す系”YouTuberとして人気に

4月4日、「研究家YouTube」(登録者数15万人)が活動再開を報告しました。

中学生1年生の“物申す系”YouTuber

YouTube研究家(研究家YouTube)は、2018年、中学生1年生の“物申す系”YouTuberとして注目を集めました。
伝説のYouTuber「syamu」への物申す動画では、表情豊かにsyamuを煽り、中学生とは思えないトーク力を発揮。
シバター」(登録者数121万人)は「あれは俺」と絶賛しました。

ところが2019年2月、YouTube研究家は活動休止を発表。
チャンネル登録者は13万人に達しており、人気になったことで、学校名が特定されるなどの問題が起きていたようです。
YouTube研究家は、学校や家族との話し合いの結果、活動休止を決めたと説明するとともに、

僕が中学生を終えて、高校生になって、義務教育が終わって大人から高校生にかけて、その間に絶対復活します

と復活を宣言していました。

関連記事
中学1年生の物申す系YouTuberが人気。シバター「あれは俺」と賞賛
現役中学生の物申す系YouTuberが活動休止

YouTube活動で親に恩返し

それから2年経った2021年4月4日、中学校を卒業したYouTube研究家が活動再開を発表しました。

声変わりをし、すっかり大人びた雰囲気になった研究家。
休止期間は、普通の中学生生活をしていたそうです。

所属していた陸上部では、走り幅跳びで市内のベスト8に入ったと話す一方、勉強は相変わらず苦手らしく、テストでは最下位も取ったことがある様子。
高校は私立だといい、

親は私のために高いお金を払ってでも私を高校に行かせてくれたので、私がその分ですね、YouTube活動でも高校生活でも、いろんな経験をして親に恩返しできたらなと思っています

と語っています。

ガチでYouTube研究しそうな雰囲気ある

今後は、メインチャンネルとゲームチャンネルの2本立てで活動していくそうで、メインチャンネルでは、世間の話題や流行などの解説や深堀り、ゲームチャンネルでは『荒野行動』や『太鼓の達人』などのプレイ動画を投稿していくとのこと。

復活を受け、ツイッターでは「YouTube研究家」がトレンド入り。
コメント欄では、

ちゃんと声変わりしてて泣いてる

もう2年経ってたんだ…こいつ見たの1年前くらいかと思ってたわ

研究家の名に恥じない容姿、言葉遣いになってて感動なんですが

ガチでYouTube研究しそうな雰囲気ある

と、大人っぽくなった研究家に驚く声が上がっています。