タケヤキ翔の音楽ユニット「ラトゥラトゥ」からマイキが脱退。
最後のMVが公開される

2021年4月4日、「タケヤキ翔」(登録者数162万人)と「マイキ」(同54万人)の音楽ユニット「ラトゥラトゥ」が、2人としての最後となるミュージックビデオを公開しました。

ラトゥラトゥは、ボーカル・タケヤキ翔と、ドラム・マイキによる2人組ロックバンドデュオ。
“兄弟で奏でるデスクトップロックユニット”を称し、「和」「邦ロック」「VOCALOID」の3つを混ぜ合わせたサウンドで人気を集め、2019年12月に「神さまの言うとおりに」でCDデビューしていました。

最後のミュージックビデオ「僕らの言うとおりに」が公開。

タケヤキ翔は、動画タイトルを「これが本当に最後の動画になります。」と題し、ラトゥラトゥ10本目のミュージックビデオ「僕らの言うとおりに」を投稿。

この作品がタケヤキ翔とマイキ2人としての最後の楽曲となります。

マイキが脱退。ラトゥラトゥはタケヤキ翔のソロに

今回は解散ではなく、「マイキの脱退」という形。
ラトゥラトゥはタケヤキ翔のソロプロジェクトとして、「第二章」に突入するようです。

今回解散ではなくマイキの脱退という形になります

今後もタケヤキ翔プロジェクトとしてラトゥラトゥは続いていきます。第二章突入です

今までの楽曲も勿論残りますし、これからもたくさんの楽器を世に送り出していきたいと思っておりますので今後ともよろしくお願いします!(動画概要欄)

詳しい内容はファンクラブで語られているようです。

詳しくは2人の口からファンクラブ「LATUUU」にてお話させて頂きましたので、ご覧頂けると幸いです。(4/4(日)19:30公開予定)
https://latulatu.jp/movie/detail/28/

マイキとタケヤキ翔が別々の道へ

動画は、ミュージックビデオの終了後、“デスクトップ風”のアニメーションに。

マイキのアイコンが突如光りだし、タケヤキ翔に触れると今度はタケヤキが光りだし、金髪になります。
マイキはデスクトップから退出。
マイキのパワーを受け取り、タケヤキ翔がラトゥラトゥとして1人残る演出がなされました。

YouTube

その後、2人はファンにメッセージを送り、動画を締めくくっています。

もっと良い音楽を、もっとたくさんの人に音楽を伝えるには、別々の道を選ぶのが良いと2人で決めました。
タケヤキ翔はラトゥラトゥのボーカリストとして、マイキは作曲者、パフォーマーとして活動を続けます。

またラトゥラトゥで一緒にセッションする日もあると思うので、待っていてください。

YouTube

「歌詞や最後に違う方向へ歩き出す2人に涙が…」

コメント欄では、

「神様の言うとおりに」で始まって「僕らの言うとおりに」で終わるのか…

歌詞や最後に違う方向へ歩き出す2人に涙が…😢

お二人とも音楽は続けられるので、またいつか期間限定でも復活あるかもですね(*’ω’*)

と、マイキの脱退を悲しむ声や、セッションを心待ちにする声が集まっています。