古川優香、嫌われすぎ?
イベント出演動画が低評価96%で大炎上

元「さんこいち」(登録者数133万人)の「古川優香」(同73万人)の嫌われ方が尋常ではないようです。

2分弱のイベント出演動画に低評価96%

古川は3月23日、全国の女子大学生・専門学生を対象としたコンテスト「CampusAward(キャンパスアワード)2021 Supported by キレイライン矯正」のグランプリ表彰式にアンバサダーとして登場。
その表彰式の一部映像が4月1日、「maidigitv」(登録者数131万人)で公開されました。

動画内で古川は、キャンパスアワードを見た感想を述べるとともに、コンテストで勝ち残ったファイナリストに激励の言葉を送っています。
一見、動画内の古川の発言に炎上の要素はないように思われますが、動画の低評価率は約96%(高評価182・低評価4881)と非常に厳しいものに。

コメント欄では

古川優香がいちばん芋で草

だから古川は出すなつってんじゃねぇかよ(棒読み)

おいおい公開処刑じゃねえか!!!

と、古川の外見や、古川がメディア露出すること自体へのバッシングで埋め尽くされています。

1月から炎上が続く古川優香

2021年1月1日、古川優香が所属していた3人組YouTuberさんこいちは、1月末をもって活動を終了すると宣言。その2日後にはメンバーの「ほりえりく」(同21万人)がYouTuber引退を表明しました。

ところが動画で見せた態度から、古川ともう1人のメンバー・「やっぴ」(同36万人)が解散を主導したとの疑惑が持ち上がり、2人は炎上。
2人は謝罪動画を公開したものの、視聴者は納得せず。3カ月経った現在も炎上は収まることを知りません。
古川の個人チャンネルの登録者数は、2020年12月26日時点で83万6000人だったのが、2021年4月6日時点では73万4000人と、10万人以上減少しています。

関連記事
さんこいちが動画投稿の終了を発表
さんこいちが卒業動画を公開 ほりえりくは「ほんと言うとまだやめたくない」と涙
炎上の古川優香とやっぴが謝罪も、低評価は1万超え 批判やまず
炎上の古川優香がさんこいち解散の経緯を再度説明。解散切り出したのは「ほりえりく」
さんこいち・ほりえりくが告白 解散の本当の理由は「適応障害」

メディアに露出する毎に炎上

古川のYouTubeは2月28日の動画が最後の更新となっています。
ツイッターは3月7日、インスタグラムは3月10日をもって更新がストップ。

SNSの更新をおこなわないままメディアへの露出を継続していることもあってか、

SMS浮上してないのにこーゆーのに出ると余計叩かれるぞ

といった視聴者の批判が後を絶ちません。
古川が定期的に出演するテレビ番組風YouTubeチャンネル「シブヤ5丁目TV」(登録者数8.4万人)でも、古川優香が登場する回は、毎回低評価率が80~90%に達しています。

3月始めに下着モデルへの起用が発表された際にも、動画に97%もの低評価がつきましたが、それから1カ月経っても炎上が収まる気配がありません。
(関連記事「古川優香の下着モデル起用に批判続出 動画の低評価率は97%」

次ページ:「私はすごい不器用」

1 2