コムドットは東海オンエアの「下位互換」?
行き過ぎた投稿に東海・虫眼鏡が苦言

ここ最近勢いを増すグループYouTuber「コムドット」(登録者数169万人)に対して、「東海オンエア」(同583万人)の一部ファンが批判的な意見を投稿。
見かねた東海オンエアの「虫眼鏡」が苦言を呈す事態となりました。

21年も勢い衰えぬコムドット

2018年10月にデビューし、“やってみた”動画やドッキリ企画などを投稿している5人組YouTuberグループ「コムドット」。

“地元ノリを全国ノリに” “放課後の延長”というスローガンを掲げ、5人組でYouTube界の次の時代を作ります。
尚、必ず売れるので今のうちにチャンネル登録をして、売れた時に古参カマしてください。
YouTubeチャンネル概要欄

動画内でのノリの良さに加え、SNS上での強気な態度など、その破天荒なスタイルで多くのファンを獲得。
2021年3月には新たに30万人以上の登録者数を獲得するなど、いま最も勢いに乗っているYouTubeチャンネルの一つでもあります。
(関連記事「登録者数急増でノリに乗るコムドット、全YouTuberへの「宣戦布告」投稿で物議」)


コムドットの登録者・再生数推移(ユーチュラ調べ)

先月には「ヒカキン」(登録者数901万人)や「水溜りボンド」(同420万人)とコラボし、さらなる知名度アップを果たしたコムドットですが、中にはその人気をやっかむユーザーの姿も。
(関連記事「ヒカキン、コムドットに1000万円のベンツをプレゼント」)

中でもここ最近、「東海オンエア」のファンの一部が、コムドットのファンを敵視するかのような投稿をおこなっていたことが話題となっていました。

グループYouTuberで存在感丸かぶり?

2013年にデビューした東海オンエアは、現在580万人の登録者を有す、日本を代表するYouTuberグループ。
投稿しているのは“やってみた”をはじめとした企画モノの動画が中心で、メンバーの地元である愛知県岡崎市を拠点としていることでも知られます。

YouTube

グループYouTuberで、“地元ノリ”を前面に打ち出すコムドットとは似通っている点も多数あり、ファン同士お互いのチャンネルのことが気になるのは仕方がないのかもしれません。

YouTube

実際に、ツイッターなどで「東海オンエア コムドット」と検索しても、

コムドットは好きでない… 東海オンエアは好き。

コムドットってそんなにおもしろいんですか?
僕的には東海オンエアのほうが何倍もおもしろいとおもうんですけど

コムドットって東海オンエアの下位互換チャンネル?

まぁ正直コムドット見るくらいなら東海オンエア見た方がいいよ

と、東海オンエアのファンと思われるユーザーによる、コムドットをこき下ろすような投稿が散見されるだけでなく、コムドットのファンがそれに反発する様子も見られます。

見かねたメンバーが苦言

こうした事態を見かねた東海オンエアの虫眼鏡は今月5日、個人チャンネル「虫眼鏡の放送部」(登録者数60万人)にて公開した動画の中で、

あえて名前出しますけど、東海オンエアのファンでコムドットの悪口はマジでダサい。やめて欲しいなって思ってます。

と、コムドットに対する批判的な投稿をやめるようファンに呼びかけ。
「若い子たちが入ってきてくれたっていうのはこりゃあね、嬉しいですよ」「いつまでYouTubeの”やってみた”系は30代のおじさんが引っ張ってるんだってなっちゃうから」と、次世代の台頭を歓迎する発言もしつつ、「譲る気はない」と後輩YouTuberへの対抗心も明らかにしました。

コムドット・やまと「カッコいいな」

虫眼鏡の投稿に対して、コムドットのリーダー「やまと」は6日、ツイッターにて「やはりトップの人は肝が据わっていてカッコいいなと思いました」と賞賛。
「絶対負けたくないって思った」と、逆に対抗心を燃やす様子も見せています。