18歳のとき島田紳助に“枕営業”迫られた
マリエが芸能界の闇を告発

ファッションモデルのマリエが4日、インスタグラムのライブ配信の中で、芸能界での枕営業を告発。
その中では、島田紳助や出川哲朗らの名前が上がっており、視聴者から大きな反響が寄せられています。

島田紳助から枕営業を迫られた

4日のライブ配信の中でマリエは、当時18歳だった自身に対して、島田紳助が枕営業を持ちかけてきたことを告白。
その場に居合わせた出川哲朗や、芸人コンビの「やるせなす」らもそれを止めようとはせず、逆に島田紳助に同調するような雰囲気だったとも話しています。

半アーチみたいな(ソファー)のところに、出川さんもいて、あとやるせなすさんと、なんとかっていうアイドルがいて、真ん中に紳助さんがいて、私がいる。で、ヤラせろヤラせろって。

マリエがこの件を事務所に相談したところ、事務所からは「金輪際仕事来なくなるけどいい?」といった警告を受け、実際に島田紳助がMCを務めていた『クイズ!ヘキサゴン』などの番組を降板させられたとも語ったマリエ。
「だから私(芸能界を)辞めた」と、枕営業の誘いを断ったことが芸能界引退の本当のきっかけだったと明らかにしました。

いまもテレビ出演続ける出川らに怒り

自身は芸能界から距離を置く一方で、当時その場に居合わせた出川らがいまだにテレビへの出演を続けている現状に対して、

出川さんがテレビに出てるのも大嫌いだし、出川さんがCMに出てるのもマジで許せない

その腐ってる人たちが、その場に居合わせた人たちがCMとかに出てることが私はマジでありえないと思ってる

と激しく怒る様子を見せたマリエ。
酒の勢いに任せて口を滑らせたといった様子でしたが、時折我に返ると

明日私が殺されてたら、(島田紳助の)せいだって言って?みんな、見てる人たち。

私殺されるな、明日。

と、ことの重大さを感じさせる発言をするシーンもありました。

YouTubeやツイッターで拡散

配信のアーカイブはその後非公開となっていますが、ライブの様子を録画した視聴者らの手によって、この告発の一部始終は拡散され続けています。
SNSでゴシップニュースなどを発信している「滝沢ガレン(ガレソ)」(登録者数1.0万人)はマリエのインスタライブの録画を入手したとして、その様子を「勇気の告発」として自身のYouTubeチャンネル。

配信を見た視聴者は、「これ犯罪じゃないのか?」「ゆるせねーよ!」「芸能界に枕なんか腐る程あるとは思ってたけどいざ有名な人がやってると悲しくなるな」と、突如明らかになった芸能人の“裏の顔”に困惑している様子。

また、「この勇気ある告発によってマリエさんの身に危険が及びませんように」と、マリエの身を案じるコメントも寄せられています。