YouTubeの更新頻度は毎日が理想なのか?

geralt / Pixabay

Youtuberはどれぐらいの頻度で動画を公開しているのか調べてみました。

登録者数が多いチャンネルほど更新頻度が高い

購読者数ごとに更新頻度を調べました。

avg_upload_video_1601

縦軸が1週間に公開される動画の平均本数、横軸がチャンネル登録者数になっています。

更新頻度は1000人以上1万人未満のチャンネルで約2.0回、
100万人以上のチャンネルでは週に約7.3回となっています。

10万→50万でちょっと下がってますが、
おおむね登録者数が多いチャンネルほど、更新頻度も高いと言えそうです。

「♪ HikakinTV エブリディ~♪」のように、
100万人以上登録があるチャンネルでは毎日1回以上アップしている計算です。

100万人以上だと広告収入で余裕で暮らせる専業YouTuberがほとんどでしょうから、
更新頻度を上げられるのかもしれません。

登録者数が多いと再生回数も多くなり、広告収入も増えるでしょうから。

 

更新頻度を増やせば登録者が増えるわけではない

では更新頻度が上げれば登録者を増やせるのかを調べてみました。

以下は、動画の更新頻度と登録者数の増加率を比べたグラフです。

先程は全登録者数と更新頻度の比較でしたが、
こちらは登録者数の増加数と更新頻度になってます。

更新頻度が多ければ登録者数が増えるのであれば、
右肩上がりになります。

subscriber_rate_1_160115

 

これを見ると週に1回以上の増加率は、ほぼ横ばいです。
週に1回以上更新しておけばよいという結果です。

ただし、この結果は100万人以上のチャンネルも、1000人のチャンネルも一緒にしていますので、
登録者数で分けて見てみたいと思います。

 

subscriber_rate_2_160115

週に1回は新しい動画をアップするべき

全体的に、登録者数が増えると増加率が下がっていくのが分かります。
母数が増えると増加率が下がるのは当然でしょう。

 

増加率が高い箇所を見てみると、
1000人レベルのチャンネルでは1~3回、
1万以上では4~6回、10万だと7回以上とバラバラです。

更新頻度を増やせば、登録者数が増えるという訳でもないようです。

50万~100万未満のチャンネルを除き、
週に1回未満の更新頻度が、最も増加率が低くなっています。

つまり、
週に1回以上は更新したほうが、登録者数は増やせる。
と言えそうです。

 

今回の集計では登録者数1000人以上のチャンネルを対象にしました。
集計から外した1000人未満のチャンネルの方が更新頻度との相関がありそうですので、
今度はそちらも調べてみたいと思います。

 

集計データについて

2015年11月末以降に公開された動画
当サイト登録チャンネルで、登録者数1,000人以上のチャンネル
企業の公式チャンネルは除外
動画公開本数がマイナスのチャンネルは除外