コレコレ、100本以上動画消える。「圧力」の存在をほのめかす。

2019年2月8日「コレコレ」(登録者数90万人)が「【重大発表】YouTubeの動画が100個以上消えました【さようなら】」という動画を公開しました。
 

コレコレ、100本以上動画が消える

 
45秒という短い動画で

皆さんにお知らせがあります
YouTubeにアップロードしている動画が、
100個以上消えました
ツギハオマエダゾ

というテロップが表示され、「赤い箱」「静かにたたずむ蔦」といった謎のメッセージが表示されたあと
「キラリンチョ」「チンフェ」という文字が。
最後に「変化」という文字が表示されて動画は終わります。
 

次は「よりひと」と「たっくー」?

「キラリンチョ」は「よりひと」(登録者数67万人)の定番のあいさつ、
「チンフェ」は「たっくーTVれいでぃお」(登録者数60万人)を示すものと思われます。
二人は、コレコレと同じく物申す系として知られるYouTuberです。

なお、コレコレは、今回公開した動画に高評価が18000以上つくと、ツイキャスで詳細を語ると発言しています。
 

ツイッターで「悲しいお知らせ」を予告

コレコレは動画の公開前にツイッターで「悲しい重大発表となります…大きな変化が近々起きます。」と発表していました。

当サイトの調査では、2月6日時点で311本だった動画本数は8日19:30時点では253本になっています。

 

よりひと「BANされそう」と発言

2月8日未明、よりひとはツイキャスで
「BANされそう」と発言。
BANされて収入がなくなった場合、有名になってしまっているので、普通に働くことは難しい。お金を貯めるため、サブチャンネルも稼働させて、1日3本投稿したいと語っています。
よりひともチャンネル運営に危機感を持っているようです。

現時点では、コレコレの動画削除の詳細は不明ですが、YouTube運営サイドから何らかの警告を受けている可能性もあります。
動画のコメント欄では、大手のYouTuber事務所からの圧力ではないかという意見も寄せられています。
コレコレの詳細発表が待たれます。

 
2月9日追記

コレコレ、動画は「消させられた」

コレコレが8日23:30頃からツイキャスを開始。

動画は「消させられたんだけど」

動画の削除について「消えてるいうか消したんだけど」「ま、消させられたんだけど」と発言。
何かしらの圧力によって、動画を消さざるを得ない状況になった模様です。
100本の動画を消すことになったもののの、全ての動画が消えるよりはマシだとのこと。

600万回再生という人気動画を削除するときには「手が震えた」というコレコレ。
その後、大量の動画を削除するうちに「楽しくなっちゃって」と語っています。

なお削除した動画は、YouTube以外のサービスでの公開を検討中とのことです。

圧力のかからないツイキャスに逃げてきた

自らを「世界ではじめて、とんでもない圧をかけられた男だよ」とし、
YouTubeではなく、圧力のかからないツイキャスに「逃げてきた」と話しました。
具体的にどこからどのような圧力があったのかについては明言を避けました。

「重大発表」の動画は「ひぐらしのなく頃に」のネタを盛り込んだもので、
謎のキーワードについては、コメント欄に寄せられた視聴者の予想がほぼ当たっていると発言しました。

YouTubeの変化の波

さらに、今回の問題を受け「俺は変わるよ」「時代が変わってる」と表明しました。

YouTubeは1月にガイドラインの見直しを実施、「ラファエル」がアカウント停止となったのは記憶に新しいところ。
(関連記事「ラファエル、チャンネルBANされる」)
コレコレの「圧力」の詳細は不明ながら、YouTube界の時代の変化を波を感じるエピソードであることは間違いないでしょう。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.07.11~

もっと見る