ボクシング連盟前会長の山根明がYouTubeチャンネルを開設

ボクシング連盟前会長がチャンネルを開設

日本ボクシング連盟の前会長である「山根明」が、2019年2月8日にチャンネル「無冠の帝王ch」(登録者数3000人)を開設し、同日「【無冠の帝王】男、山根明が真相を初激白!【youtuber】」という動画を公開しました。動画内では、会長辞任や連盟からの除名について自身の考えを述べている他、今後YouTubeで活動していく考えを明かしました。

 

会長辞任は反社会的活動が原因

山根前会長の辞任に際し、12項目について告発がなされ、そのほとんどについて事実である、という調査結果が出されていました。
山根前会長はそれらに関して「選手に対して責任を感じている」としたものの、続けて「それに関して辞任はしてません」と発言。

自身が辞任した原因は「反社会的な問題」があったから、との考えを明かしましたものの、内容については詳細を語りませんでした。

ただその問題は「逆恨み」から始まっており、近大の監督であり暴力で処分された「S」という人間について触れました。
この「S」という人物が誰なのか、についても山根元会長の口からは語られませんでした。
 

山根氏「連盟は脅迫しているのと同じ」

2018年8月8日に会長を辞任した山根前会長ですが、12月には連盟からの除名処分が提案され、これが承認されました。そして2019年2月10日には、正式に除名処分が決定されました。この除名処分に対して、

一般市民に対して除名は、なぜにするんですか
それに関して僕の答えはね、(中略)
山根は辞任しても今の連盟は怖いんだよと、
全国に威圧と脅し、脅迫をしているのと同じ

と話しました。会長を辞任し「一般市民」となった自身に対しての連盟からの除名処分は不自然であるとし、自身の影響力に恐れをなした連盟による脅しである、という考えのようです。

またこの除名処分については、理事会においてスポーツ庁やJOC(日本オリンピック協会)による圧力があった、とも話しています。
毎日新聞の記者である「K」もそう話しているとしましたが、この人物が誰かも語りませんでした。
 

今後はYouTubeでも活動していく考え

今後はYouTubeで活動していくのか、という問いかけに対しては、次のように話しました。

生放送やったらそのまま流せるんですけどね、それを条件でこの問題に関してはっきり出してくださいいう約束をしてもね、流さずに(中略)
それで人をおちょくったような笑いごとで人を批判してる、そういうことがあるんでね
だから今自分で腹を決めて、今日のこの一つの出発点をしました

山根前会長は、以前からテレビで連盟との問題について語ってきたものの、その考えが視聴者に伝わらなかったと考えているようです。
そういった経緯から「自分で腹を決めて」、YouTuberとしての「一つの出発点」とする、と話しました。

ただ、バラエティ番組からのオファーがあれば「受ける」とも語っており、テレビ出演に対しても意欲的な姿勢を示しました。

そして最後は、視聴者へのあいさつで締めました。

今日からひとつスタートなんですけど、
正直に答えますので、みなさんのね、協力と応援をお願いいたします。
よろしくお願いします

 

視聴者からは厳しい評価

朝のニュース番組「めざましテレビ」で取り上げられ、多くの視聴者がこちらの動画を見に来ているようです。しかし動画には、25000回の再生に対して高評価が500、低評価が1300ついており、低評価率72%と非常に厳しい評価がされています。コメントでも、

ベラベラ喋ってるだけやんけ…
話題作りしてないで反省してほしい
ちょっとばかし有名になったくらいでYouTubeでメシ食っていけると思ってんじゃねぇぞカス!!

と、編集や動画の構成に力が入っていないことに対して批判が寄せられています。

かつてボクシング界で名を馳せた山根明の再出発ですが、YouTubeというリングで活躍する厳しさをうかがわせるものとなりました。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.04.17~

もっと見る