YouTuber低評価数ランキングを発表!

2019年2月、YouTubeが「低評価」機能の見直しを検討しているというニュースがありました。
(livedoorニュース「YouTubeから「低評価」ボタンが消える可能性 悪意ある投稿に対策」)

ツイッターやフェイスブックなど、他のサービスでは「低評価」という機能はありません。
賛否両論はありますが、YouTubeを特徴づける機能の一つであるといえます。

今回は、そんな「低評価」でランキングを出してみます。
 

低評価数ランキング

登録者数50万人以上のチャンネルで、2018年2月14日~2019年2月13日に公開された動画を集計対象にしています。低評価の総数のランキングとなっています。
数値は2019年2月13日の調査時点のものです。

※表は横にスクロールします

チャンネル 登録者数
(万人)
低評価数 高評価数
1 ヒカル 297 1,651,241 4,596,891
2 MEGWIN TV 98 1,283,240 1,399,125
3 Fischer’s-フィッシャーズ- 540 782,354 10,027,148
4 PROWRESTLING SHIBATAR ZZ 96 644,826 1,357,054
5 HikakinTV 707 583,683 8,178,139
6 いじりネタ系ホモよりひと 67 539,086 2,252,935
7 はじめしゃちょー(hajime) 755 535,958 10,572,430
8 水溜りボンド 374 398,494 12,018,975
9 TOMIKKU NET 163 378,752 1,953,981
10 東海オンエア 415 376,682 13,211,066
11 Yuka Kinoshita木下ゆうか 507 342,255 3,443,437
12 Travel Thirsty 307 337,849 1,627,383
13 へきトラハウス 147 321,948 2,434,740
14 桐崎栄二/きりざきえいじ 251 318,745 2,653,777
15 カジサック KAJISAC 75 298,328 1,537,415
16 Togimochi Koreaとぎもち 71 291,325 1,566,800
17 もこうの実況 59 289,169 1,023,887
18 ワタナベマホト 253 280,517 7,001,921
19 圧倒的不審者の極み! 209 262,384 3,017,859
20 HIMAWARIちゃんねる 170 258,368 946,960

1位はダントツでヒカル

1位は低評価数が165万にも上った「ヒカル」。
ヒカルといえば、2017年夏のVALU騒動による炎上が思い起こされますが、
今回の集計は過去1年間にアップされた動画を対象としたため、その時期の動画は含み
ません。
それでも2位以下に大差をつけました。
アンチの多さを見せつけた結果です。

2位はMEGWIN TV

2位は2018年末に炎上した「MEGWIN TV」。128万もの低評価を集めました。
炎上を受けて活動を休止、1月に再開したものの、動画には低評価の嵐で、90%以上の
低評価率を連発していました。
その嵐も最近になってようやく収まりつつあります。
(関連記事「MEGWIN TV、ひと晩で15,000人登録者減らす。メンバーが「事実上クビ」「人間扱いしてほしい」と訴えて炎上。」)

高評価が多いYouTuberもランクイン

3位は「フィッシャーズ」。
上位2チャンネルと異なるのは、高評価も圧倒的に多いこと。
低評価は78万ありますが、高評価は1000万を超えています。
再生数が多いので相対的に低評価が高くなったようです。

5位は「HikakinTV」。ヒカキンも高評価が高いので、フィッシャーズと同じ傾向が見て取れます。以下、「はじめしゃちょー」「水溜りボンド」「東海オンエア」なども同様です。

物申す系YouTuberが4位、6位

4位は物申す系YouTuberの代表格「シバター」。
自らが実施する「嫌いなYouTuberランキング」でかつては1位に選ばれるなど、嫌われ者YouTuberの筆頭的存在でしたが、現在では評価が高くなっていている印象があります。

6位は「よりひと」。最近の“VAZ炎上”を拡散させるのに大きな役割を果たすなど、特に若年層に大きな影響力を持つ物申す系YouTuberです。

アンチが多いYouTuber、炎上したYouTuber

他の顔ぶれでは、アンチが多いと言われる「木下ゆうか」や「トミック」、
振り返りブスゲームで炎上した「へきトラハウス」や、YouTuberデビュー直後、アンチからの低評価に苦しんだ「カジサック」もランクインしています。

16位の「とぎもち」は、韓国の食べ物や文化を紹介するYouTuberで、韓国産の巨大イチゴを紹介して炎上。イチゴはもともと日本で開発されたもので、韓国に不正に持ち出されて普及したものでした。
謝罪したものの、その後公開される動画は、毎回低評価が高くなっています。