YouTubeが「3ストライク」の違反警告制度を改定

YouTubeは2019年2月19日、クリエイター向けのコミュニティガイドラインに違反した際の警告制度を改定しました。
新しい制度は2月25日より適用となります。

新ガイドラインでの変更点

ガイドラインに初めて違反したクリエイターは、1回限りの「警告」を受けます。
警告段階では、違反対象のコンテンツは削除されるものの、他のペナルティはありません。

2回目のガイドライン違反以降「3ストライク」制が適用され、以下のペナルティが課せられます。
・1回目のストライク(2回目のガイドライン違反)では、コンテンツの投稿が1週間停止
・その後、90日以内に2回目のストライクを受けると、コンテンツ投稿が2週間禁止
・その後、90日以内に3回目のストライクを受けると、チャンネル削除

これまでの制度では、違反回数とペナルティに一貫性がなく、クリエイターから批判が寄せられていたそうですが、今回の改定で規定のペナルティが課せられるようになりました。
 

健全化に努めるYouTube

YouTubeによると、これまでも98%のクリエイターは一度もガイドラインを破っていないとのことですが、
2018年7月には「レペゼン地球」、2019年1月には「ラファエル」が垢BAN(アカウント停止)されるなど、有名YouTuberのガイドライン違反はたびたび話題となっています。

YouTubeは1月にコミュニティガイドラインを改定。
「バードボックスチャレンジ」に代表される危険行為を禁止するなど、このところコミュニティの健全化に注力していることがうかがわれますが、YouTuberの中には「規制強化」として煙たがる声も上がっています。
 

関連記事

Making our strikes system clear and consistent(YouTube Creator Blog)
YouTubeコミュニティガイドライン
100万人登録のレペゼン地球、アカウントBANされる(YouTubeランキング)
ラファエル、チャンネルBANされる(YouTubeランキング)

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.03.15~

もっと見る