動画で見るYouTubeチャンネル登録者トップ20の変遷

「最も価値あるブランド」のランキングの19年間わたる変遷をまとめた動画が、ツイッター上話題となっています。(Twitter
ブランドランキングが変化していく様子が興味深い動画ですが、
これと同じものをYouTubeのチャンネル登録者数ランキングで作ったら面白いのではないかと思い、早速作ってみました。

 
当サイト立ち上げ直後の2015年8月1日~2019年2月23日までの、登録者数トップ20の変遷が見られるようになっています。
 

3年半でトップの登録者数は3倍に

2015年8月時点では、トップの「avex」は約240万人でした。
現在のトップの「はじめしゃちょー」は約760万人と、トップの登録者数は3倍以上になっています。 
 

急激な成長や低下が見られます

それだけでも変化が大きいことがわかりますが、
他にも見どころとしては、
2016年3月~「木下ゆうか
2016年9月~「フィッシャーズ
2017年8月~「キッズライン
の急激な伸び、
ヒカル」の2017年4月~の急成長と8月後半~の“解除祭り”での低下などがご覧いただけると思います。

なお2018年4月に「HIKAKIN」(HikakinTVではなくHIKAKIN)が1位になる日があります。これはおそらくYouTubeのバグだと思われますが、そのまま掲載しています。

動画は、当サイトにリンクを張っていただければ自由に加工・転載していただいて構いません。

データについて

一部データに欠損があったため、推定値になっている部分があります。
また、データは多少の誤差を含んでいる可能性がありますので、予めご了承ください。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.07.11~

もっと見る