高校生YouTuber「僕は学校が嫌いだ。
」メンバーが学校を退学する事態に

高校生YouTuber、退学処分を受ける

「【退学】学校の授業中バレずにTikTokやったら最悪の結果に」「授業中先生にバレずに体の毛どれだけ剃れるか?」といったタイトルで、授業中のやってみた動画を投稿して人気を集めていた現役高校生YouTuberグループ「僕は学校が嫌いだ。」(登録者数9.5万人)。

10日前には1万人もいなかったチャンネル登録者数をたった4本の動画で9万人にまで増やしており、2月14日にアップした「【退学】授業中にガチで坊主にしてみたwwww」は10日で150万回再生されました。
 

 

ところがここ数日、チャンネルの動画を非公開にしたことやメンバーの一人が退学したことなどで話題となっています。
 

動画を非公開にしていた

学校が嫌いだ。は先日、メンバーの「ねずみんと」が生徒指導の教員とYouTubeでの活動について電話で話す様子を公開しており、話の中では退学処分の可能性も出されていました。その動画を公開した直後から学校は嫌いだ。はすべての動画を非公開にしていましたが、23日に「学校退学になりました」という動画を公開しました。

動画の中では、マネージャーである「ショウマ」の口からメンバーの1人が退学になったことが明かされ、チャンネルもしばらく活動を休止することが宣言されていました。

活動を一度休止させていただきたいと考えています
詳しいことに関しては、一回ことが収まってから僕たちの中で整理して話したいと考えているので
必ずもう一度、このチャンネルに復帰したいと考えているので、皆さん待ってくださるとうれしいです。

先日の動画もあり、視聴者からはねずみんとが退学処分となったのではという声が上がり、話題となっていました。動画は2月26日時点で100万回近く再生されていますが、高評価9000に対して低評価8000がつき、退学に対しても厳しいコメントが数多く寄せられています。

「こんだけ学校なめ腐ってたのにいざ退学されると自分の口でもいえないの草」
「仮に退学としても お前が悪い」
「真面目に勉強してる人がいる中でそういう人達に迷惑かけてたんだろ?自業自得やん」

一連の騒動について、詳細が明かされる

活動休止宣言から2日後の2月25日、今度は「真実と今後について話します。」という動画を公開しました。

YouTube上に公開した動画に賛否両論の声がよせられており
一部では、動画の内容をめぐって論争が起きています。
このような状況になることを、私は想像していませんでした。また、望んでいることでもありません。
そのため、一連の動画を非公開にいたしました。

チャンネルの動画を非公開にしたのは動画に対して寄せられる「賛否両論の声」や「論争」が原因であるとし、自身の未熟さから様々な人に対して迷惑をかけたことを謝罪しました。そして、ねずみんとはこの動画を最後に学校は嫌いだ。を脱退するとしています。

また話題となっている退学については、ねずみんとではなく「きょうへい」の話であり、その理由も「YouTubeとは全く関係のないこと」と話しました。しかも正確には、退学ではなく「転校」であることが明かされました。

 

視聴者からは困惑と呆れの声

動画の中では何度も謝罪をする3人。しかし、動画のサムネイルにしている退学許可証も他人のブログのものを流用していたり、メンバーが退学したと自分たちで説明しておきながら実際は転校であったりと、一連の騒動には誇張を感じる節があり、視聴者からは困惑と呆れの声が寄せられています。

「いや、退学なってないんかぁ〜〜い」
「普通に調子乗りすぎ。お前たちの話何が本当かわからない。」
「自分達で退学になったとか言っときながら、詳しくは転校っておかしいんじゃないの?なんか話が作られている気がするんだが?」

 

過去には桐崎栄二の件も

高校生YouTuberの退学といえば、過去には「桐崎栄二」(登録者数251万人)もいました。彼は「バスで仮面ライダーに変身した」の動画が迷惑行為だとして炎上し、高校から「学校をやめるか、YouTuberをやめるか」の二択を迫られ、引退を発表。その後、退学処分を受けていたことを明らかにしています。学校は嫌いだ。の最新動画にも、桐崎栄二自身のチャンネルからコメントを寄せています。

YouTube

メインメンバーとして活動していたねずみんとを失い、学校にも目をつけられてしまった学校は嫌いだ。。今後、どう活動していくのでしょうか。