脇毛チャレンジで人気を得た「長ねぎ」、引退撤回で登録者減らす

引退を賭けて登録者数5万人に挑戦していた「長ねぎ」

2019年2月18日、「長ねぎ」(登録者数4.6万人)が「応援して下さっている方々いつも本当にありがとうございます。」という動画で、2月中にチャンネル登録者数が5万人に達しなかったら引退する、と宣言しました。

ちょっとね、最近、すごくいろんなところが曖昧になってきているんですね
やりたいことが多すぎて、何からしたらいいんだ、どうしたらいいんだっていうのがすごくあって(迷子ですね)
このままではイカンと、私は思う訳なんですよ

長ねぎは2018年夏から本格的に活動をはじめ、「脇毛を伸ばし続ける」というチャレンジで注目を集め、
12月には登録者数を1万人以上増やすなど順調にファンを増やしていた長ねぎですが、今年に入ってからは伸び悩んでいました。
 

 
長ねぎは自身を「追い込まれないとやらない性格」「絶体絶命な環境を自分で作ることによって本領発揮すると思う」と発言。状況を打破すべく、5万人という目標を立てたようです。

動画ではギフト券10万円分のプレゼント企画を行ったほか、配信サイト「ふわっち」で自身のエクササイズの様子を連日公開するなど、精力的に活動を行った長ねぎ。しかし成果は実らず、2月中の登録者数は4.8万人を超えることはありませんでした。
 

長ねぎ「考えが変わりました」と引退を撤回

そして、2月28日、「“youtube辞めます”の動画について。」という動画を公開しました。

 

実は、チャンネル登録者数万人行くとホームページに載せていただけるというお話があり、やる気をだすためにあの動画を出させていただいておりました。
それでも企画をやっているうちに、ファンの方やコメントを読むにあたって悲しんでいる姿を見て、考えが変わりました。
事務所や数字を気にせず、これからは私は、自分のペースで、ゆっくりと動画投稿していきたいと思います。
応援してくださる方、いつも本当にありがとうございます。

3月中に登録者数が5万人に到達すると、とあるホームページに掲載してもらえる、という約束をしていたと話す長ねぎ。モチベーションアップのためにも、5万人達成企画をしていたようです。残念ながら2月中に登録者数5万人の目標は達成しませんでしたが、今後も活動していくと発言。ファンに対してこれからもよろしくお願いします、と頭を下げました。
 

視聴者からは厳しい意見も

最新の動画は3月3日時点で1.7万回再生され、高評価420、低評価520がついています。

今回の引退宣言をめぐる一連の騒動について、Twitterでは

「悩んだり迷ったりしたらいつでもネギ星人に相談下さい。みんなが力になります!」
「気にせず、楽しんでいこ〜」
「自分はこれからも応援します。」

と、長ねぎの活動継続を祝うコメントが寄せられました。一方でYouTubeのコメント欄には

「『申し訳ありませんでした』の謝罪がなぜ無いのか?」
「HPに乗りたいが為に視聴者に嘘付いてました。ってことだろ?はっきり言えよ」
「さよなら、ガッカリしました」
「あなたはもう以前のみんなが知ってる長ねぎではないようですね 悲しい事に」

と、厳しいコメントが多く寄せられています。最新の動画でいきなり「事務所」や「ホームページに掲載していただけるというお話」が突然でてきたことに加え、動画内で一言も謝罪しなかったことなどが多くの視聴者の反感を買ったようです。
 

登録者数を目標に掲げたYouTuberはうまくいかない?

最新の動画が公開された2月28日を境に、4.7万人だった登録者数は1000人ほど減っています。

3月2日には「【ガチ寝起きスッピン】起きてすぐの商品紹介【ひどい顔面】」という動画を公開していますが、動画の内容とは関係なしに引退撤回を快く思わない視聴者からのコメントが寄せられています。

これまで登録者数の目標達成を賭けたチャレンジをしたYouTuberとして、「レイターズ」(登録者数68万人)、「MEGWIN TV」(同97万人)などがいますが、その後目標達成できたかどうかにかかわらず、登録者数が伸び悩んでいるチャンネルが多いようです。
長ねぎは今後も活動を続ける予定のようですが、今回の騒動で離れてしまったファンの心を取り戻すことはできるのでしょうか。