未成年へのわいせつ行為で炎上したおっP、チャンネル閉鎖。別のYouTuberがファンを煽る

おっP、チャンネル閉鎖

未成年女性に対するわいせつ行為で炎上していた「おっP」(6.1万人)ですが、2019年3月6日、自身のYouTubeチャンネルを閉鎖しました。加えてTwitterアカウントも削除したようで、ファンをはじめ多くの視聴者が困惑する事態となっています。
(関連記事「ゲーム実況者が未成年女性へのわいせつ行為で炎上」)
 

たぐぢエンターテイメントが動画をアップ

2019年3月6日「たぐぢエンターテイメント」(登録者数5.5万人)は「有名ガルパ民 引退の理由を全て話します。【BanG Dream!バンドリアニメ好きの意見】」という動画で、おっPのチャンネル閉鎖について言及しました。

たぐぢエンターテイメントは、動画冒頭からおっPのファンを煽る発言を繰り返します。

おいこのやろう、おいクソガキ、コラ。
バンドリ―マーのクソガキちゃんたち、おいおい。
隠れてないで出て来いよ、おい。
なんで君たちこんなに無下にされてんだと、彼(おっP)から。
ことの真相、全部お話してやるよ、彼消えたから。

炎上の末にチャンネルを閉鎖したおっPですが、彼のファンを含めた視聴者に対して、おっPの炎上について話したいと説明しました。

事の発端は僕なんでね。
僕が動画取り上げなかったらこんななってなかったんですよ、正直
だからひがみというか、八つ当たりみたいなか感じ?
僕のチャンネルに来て(中略)コメントもらいました。

おっPのチャンネル閉鎖は自身の動画が原因だと話し、自分の動画に批判をはじめとするコメントが寄せられている現状を報告しました。

たびたびおっPのファンを非難する姿勢を見せ、今回もコメントをしている人たちを「脳みそをどっかに落としてきてる」「義務教育を受けきれてない」と評したものの、最後までおっPを応援し続けたファンに対しては「同情する」とも発言しました。

そして、そういったファンのためにも、おっPのチャンネル閉鎖の「真実」を話しました。

彼と通話した時に、彼が僕に一番聞いてきたのは「企業案件ってどう受けれますか?」って。
彼は聞いている限り、企業案件を受けたがっていた。
だから、自分が犯した罪っていうのを、動画にして自分でリスナーさんに説明するっていうことを彼はしなかったんですよ。

企業案件とは企業から製品の広告などを依頼されることなどを表し、動画収益に加えて企業からも報酬が渡されます。しかしイメージを大切にする企業にとって依頼するYouTuberの素行は非常に重要で、特に犯罪を犯している場合、企業案件の依頼はほとんどされません。そのため企業案件を受けたいおっPは、過去に罪を犯していることを認めるわけにはいかず、公に話すこと、まして謝罪をすることはできなかった、という見解を述べました。

そして、企業案件を受けたいがため、視聴者に対して過去の事件について説明しなかったおっPを「一言でいえば、(視聴者ではなく)金をとった」と断言しました。

だから君たちのことなんか何も思ってないし、
僕が君たちをバカって言ったよりも、彼は心の中で君たちのことを馬鹿にしてるんだよね。
いろんな人に迷惑かけてるのに、彼は多分、誰にも謝ってないと思う。

終始一貫しておっPのことを批判し続けたたぐぢエンターテイメントですが、最後には

何が言いたいかっていうと、うちのリスナーになりなよ。
うちに来い。

と、自身のチャンネルへの勧誘を挟み、おっP炎上を自身のチャンネル成長に結びつけようとするしたたかさを見せました。
 

批判動画が大反響、急上昇ランキングにも浮上

この動画は一時急上昇ランキング8位に浮上するなど、大きな反響を呼んでいます。

動画は3月7日17時時点で11万回再生され、高評価5500に低評価1100、低評価率16%と、今回の動画に共感する視聴者が多くいることを示しています。コメント欄では、

「言い方悪いけど、正論言ってる。これからはよろしくお願いします。」
「○っpさんは謝罪動画を軽く見てる。YouTubeを辞めるんだったらもっとしっかり話せよ!と思いました。」

と、動画に共感するコメントのほかに、新しくたぐぢエンターテイメントの動画のリスナーとなった視聴者からのコメントが見られます。また、今回のおっPの炎上の影響もあってか、3月に入ってからは先月以上にチャンネル登録者数を増やしています。
 

 

関連記事

ゲーム実況者が未成年女性へのわいせつ行為で炎上
未成年女性へのワイセツ行為で炎上した「おっP」が改めて謝罪

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.03.18~

もっと見る